【タックスヘイブン】親玉はイギリス


タックスヘイブン 2ch / Twitter / Google / Youtube

  • 子会社に利益を移して不正・所得隠ししているようなものだからな。
  • 規制がないから皆が真似をして、チキンレース状態。
  • そして行き過ぎ。我慢の限界に達して規制が始まった。

2016年06月06日 09時05分00秒

タックスヘイブンの中心となっているイギリスこそが世界最悪の腐敗国家
全世界で報道された「パナマ文書」の公開により、タックスヘイブンという言葉が大きな注目を浴びました。そのタックスヘイブンの世界の中心がイギリスであり、イギリスこそが世界で最も腐敗した国家であるとイギリスの新聞・Independentが訴えています。
マフィアの専門家であるロベルト・サビアーノ氏は、ナポリを拠点とする犯罪組織「カモッラ」の実情を暴く書籍を出版し、同組織に命を狙われている人物。命をかけてマフィアの真実を暴露している人です。

そのサビアーノ氏が、イギリスはアフガニスタンやイタリア南部やナイジェリアよりも腐敗した国家で、腐敗度合いは世界でトップクラスと発言。国民はイギリスがマフィア問題と国家の腐敗から離れた国と考えていますが、ロンドンは、実際は違法薬物の売買で得たお金のマネーロンダリング(資金洗浄)の首都とも言えるレベルとのこと。ヨーロッパ諸国やアメリカに流れるドラッグマネーの約90%はロンドンを経由しているそうです。
ニュートラルなスタンスで政治ニュースを中心に扱う新聞・Independentのジョエル・ベンジャミン氏によると、イギリスは独自のスタイルのタックス・ヘイブンシステムを築いるとのこと。イギリスでは親族や血縁などの人を重用する縁故主義の横行や、金融資本を優先的に追従する政治家の存在が、まことしやかにささやかれていますが、その行為を罰則する法律はなく、ロンドンを中心に企業犯罪やマネーロンダリングが横行しているそうです。
ベンジャミン氏は、ロンドン政界の既成勢力をまとめる「オールドボーイズネットワーク」という組織が制度化された国家腐敗の原因としています。例えば、イギリス第75代首相デーヴィッド・キャメロンの政治的盟友であり、投資銀行メリルリンチの役員で外国為替取引に精通していたジョン・キー氏は、第38代ニュージーランド首相に就任しました。キー首相が、ニュージーランドをタックスヘイブンで有名なイギリス王室属領の「ジャージー」のようにしたいと発言したことから、ベンジャミン氏はニュージーランドがオールドボーイズネットワークの資金洗浄の地として使われるのではと懸念を抱いています。

また、イギリスの属領にはジャージー以外にも、ガーンジー・バミューダ・ケイマン諸島・バージン諸島など、世界的に有名なタックスヘイブンの場所が多数あります。つまり、数々のタックスヘイブンの場所を牛耳るイギリスこそが全世界で最も腐敗しているとベンジャミン氏は主張しているというわけです。
政治腐敗や汚職に対して取り組む非政府組織「トランスペアレンシー・インターナショナル(TI)」は毎年「腐敗認識指数」というものを公開しているのですが、ロンドンで横行し新聞でもたびたびヘッドラインを飾ることが多い企業犯罪についてはほとんど記載がありません。腐敗認識指数は、賄賂など公職を乱用して不正に資金を得る行為のみを調査しているため、利益追求のために違法な経済活動を行う企業犯罪は調査されないそうです。そのため、ロンドンもといイギリスは国家腐敗からほど遠い存在であると一般的に認識されています。
しかし、利益団体のTax Justice Networkがタックスヘイブンの数などで各国をランキングしたリストでは、ジャージー、ケイマン諸島、バージン諸島、ガーンジー、そしてイギリスがトップ25にランクインしています。1位はスイスですが、属領を全て含めるとイギリスはスイスに並ぶレベルです。
ベンジャミン氏はイギリスがどん底に落ちてしまう前に、キャメロン首相による透明性があり、かつ信用に値する政治的措置を求めています。

2013年04月04日 03:23

カリブ海に浮かぶ島々は、タックスヘイブン(租税回避地)として知られ、節税やマネーロンダリング(資金洗浄)目的の巨額の資金が世界中から流れ込んでいる。ベールに包まれてきた取引。その実態を明らかにする250万もの秘密の電子ファイルが報道機関の手に渡った。その中には、フィリピンの故・マルコス大統領の娘や、ロシア副首相の妻、オリンパス粉飾決算の協力者らの取引記録がある。
英領バージン諸島、ケイマン諸島などに登記された12万を超える数の企業やファンドに関する膨大なファイルを入手したのは、米国ワシントンDCに本拠を置く非営利の報道機関「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)。朝日新聞を含む各国の報道機関とともに半年以上をかけて分析を進めている。
タックスヘイブンは、法人税や所得税などの税率がゼロか極めて低い国や地域。低税率や秘密保持を売りにして、国外資本の会社やファンドの設立を促して資金を呼び込んでいる。
経営コンサルティング会社「マッキンゼー」の元チーフエコノミストであるジェームズ・ヘンリー氏らの見積もりでは、世界中の大金持ちがタックスヘイブンに保有する金融資産の総額は少なくとも21兆ドル(約2千兆円)。多くの場合は合法的な国際取引に利用されるが、不正や粉飾決算、資金洗浄の温床となっているとの批判が根強い。企業情報がほとんど公表されず、カネの流れが見えづらいため、日本や欧米の国税当局も手を焼いているのが実情だ。
朝日新聞デジタル:タックスヘイブンの秘密資料入手 世界の金持ちの名続々 – 社会

クリスタルガイザー
B005OOKHE6

1 : 2009/03/22(日) 01:57:42 ID:???

不正の温床などとして批判されるタックスヘイブン(租税回避地)の新たなブラックリストを経済協力開発機構(OECD)が作成したと、スイスのターゲス・アンツァイガー紙(電子版)が17日報じた。列挙されたのは46カ国・地域。4月にロンドンで開かれる金融サミット(G20)に向け、これらの国・地域に圧力をかけるためとみられる。
OECDはこれまでもリストを公表してきたが、記載されたのはリヒテンシュタイン、モナコ、アンドラの3カ国だけ。実態に合わないとの批判が強かった。
同紙はOECDのグリア事務総長が5日、ダーリング英財務相に送った書簡を入手。その中に、OECDに非協力的な国々のリストがあったという。
同紙が掲載したリストには、従来の3カ国、これまでしばしば問題視されてきたカリブ海諸国などに加え、ベルギー、オーストリアといった欧州連合(EU)加盟国や自国のスイスも含まれていた。アジアでは、香港、マカオ、フィリピン、シンガポールなどが指摘された。
金融サミットでタックスヘイブン問題は主要議題の一つとなるとみられる。特に独仏は、これらの国や地域の活動が金融界のモラルを低下させているとみて、厳しい態度で臨む方針を表明。これを受けて12~13日、多くの国がOECDなどに協力する意向を示したところだった。リストはこれらの意向表明の前に作成されたとみられる。
タックスヘイブンは、法人税などがなかったり極端に安かったりする国・地域。銀行口座の秘密性も高く、税金逃れに利用されているとの批判がある。
【金融】タックスヘイブン(租税回避地)に新たな圧力、ブラックリスト大量追加:46カ国・地域[09/03/22]

27 : 2009/03/22(日) 05:11:16 ID:rXrX5a6n

>>2をドイツ語から邦訳してみた。

  • Guernsey イギリス領ガーンジー
  • Jersey イギリス領ジャージー
  • Niederlandische Antillen オランダ領アンティル
  • Aruba オランダ領アルバ
  • Bahrain バーレーン
  • Bermuda バミューダ
  • British Virgin Islands イギリス領ヴァージン諸島
  • Antigua und Barbuda アンティグア・バーブーダ
  • Cayman Islands ケイマン諸島
  • Dominica ドミニカ
  • Grenada グレナダ
  • Liechtenstein リヒテンシュタイン
  • Marshall Islands マーシャル諸島
  • Monaco モナコ
  • The Bahamas バハマ
  • Andorra アンドラ
  • Anguilla イギリス領アンギラ
  • Belize ベリーズ
  • Cook Islands クック諸島
  • Gibraltar イギリス領ジブラルタル
  • Liberia リベリア
  • Montserrat イギリス領モントセラト
  • Nauru ナウル
  • Niue ニウエ
  • Panama パナマ
  • Saint Kitts und Nevis セントキッツ・ネイビス
  • Saint Lucia セントルシア
  • Saint Vincent und Grenadinen セントビンセント・グレナディーン
  • Samoa サモア
  • San Marino サンマリノ
  • Turks- und Caicosinseln イギリス領タークス・カイコス諸島
  • Vanuatu バヌアツ

金融センター

  • Brunei ブルネイ
  • Belgium ベルギー
  • Austria オーストリア
  • Chile チリ
  • Costa Rica コスタリカ
  • Guatemala グアテマラ
  • Hong Kong, China 香港
  • Luxemburg ルクセンブルク
  • Macao, China マカオ
  • Malaysia マレーシア(ラブアン)
  • Philippinen フィリピン
  • Singapur シンガポール
  • Schweiz スイス
  • Uruguay ウルグアイ

25 : 2009/03/22(日) 04:41:47 ID:gbtcda5V

タックスヘブンが世界的インバランスを加速させた一つの原因だからな。
穴をふさがないとまた同じことが起きる。
「債務資本主義」のバイアス – 池田信夫 blog

52 : 2009/03/22(日) 16:53:54 ID:zjB659QG

イギリスやりたい放題やった挙句に金融恐慌かよ

54 : 2009/03/22(日) 17:10:55 ID:bBZ5eBFW

>>27 GJ
かなりイギリスの息はかかった所が多いぞ >>52
ユダヤ資本の (ry

110 : 2009/03/24(火) 09:06:05 ID:9aNdTolU

>>27
ガーンジー、ジャージー、ケイマン、ヴァージン諸島等々
コレを見るとわかるように
タックスヘイブンの親玉はイギリスだよ
香港だってシンガポールだってもとはイギリスの植民地
カリブ海の島だってもとはイギリス領ってのが多いし
イギリス、最悪の景気なのにブラウン首相も
タックスヘイブン終焉に乗り気だとか
やったらイギリス、アイスランドよりも最悪の事態になりそうだな

19 : 2009/03/22(日) 03:00:18 ID:CcoPAzMY

>>14
あったのか
これで悪行の限りを尽くしてきたスイス・ルクセンブルクを
叩き潰せる日がくるのか?

88 : 2009/03/22(日) 22:57:43 ID:NUTURfUx

本気でやってくれよ!
一度いいから見てみたい
日本を散々小馬鹿にした、シンガポールが涙目になるところを