心拍計【Fitness Tracker】


ジョギングを始めた。

  • 次はGPS付きのランニング・ウォッチがほしい。
  • すでに心拍計のPS-600を持っている。
  • 心拍計の有無でも迷っている。

GARMIN

  • ForeAthlete 10J 無
  • ForeAthlete 35J 有
  • ForeAthlete 230J 無(プレミアムハートレートセンサー 1099710が別売)
  • ForeAthlete 235J 有

EPSON

  • J-50 無
  • J-300 有
  • J-350 有




PS-600B
B01AUCG1AA



1万円以下
LAD WEATHER LAD012BKSV Amazon / 楽天 / 価格コム
B00LLV4IAK

cha2572 2015/5/25

このクラス3製品の中では一番よかったです。
ジョギング時の体調(運動レベル)管理のため、リアルタイム心拍計を導入すべくいろいろな製品を試しました。高価な商品は避けて、お手頃価格商品での比較になります。

  • まず、本体+指先タイプもしくは指輪タイプ。これはリアルタイムでは使い物になりません。測定のため別の動作が必要だったり、感度が悪すぎて静止した状態でも測れたり測れなかったり・・・かなりストレスがたまります。

パルスリング Amazon / 楽天 / 価格コム

  • 次に胸バンドタイプ。これはリアルタイムでストレスなく使えます、ただし胸バンドの締め付けが気になる方はおられると思いますが・・・。また、汗をある程度かかないとバンドが上下に揺れて、時にずれ落ちて鬱陶しいので、私の場合最初からジェルを塗って装着するようにしています。

ポラールFT-2とマルマンFC002-01と今回ラドウェザーと3製品を試しました。

  • ポラールFT-2は走りながらボタンを押さなくても胸バンドに本体を近づけることによって表示が切り替わるので便利ですがストップウォッチ機能がないので(トータル運動時間の表示なので頭で考えないといけない)ラップタイムがわかりにくいです。
  • マルマンとラドウェザーは機能的、使い勝手はほぼ同じですが、心拍を常時表示しながらサブ表示が切り替わるラドウェザーにやや軍配が上がります。また、これはたまたまかもしれませんが私のマルマン製品は使用2ヶ月目ぐらいから急に感度が悪くなり、信用性にかけるようになってきました。ということで3製品の中ではラドウェザーが一番お気に入りです。価格も最安ですし。




T-sports TS-D028 Amazon / 楽天 / 価格コム
B00NXUL4MW

いぶたく 2016/1/4

全く使い物になりません
計測する場合、動きながらでは一度も正しく測れた試しがありません。
計測したいならば、一度止まって腕時計を外して必要な個所に
指先を持って行って初めて測れます。
買って後悔してます。

Amazon カスタマー 2015/3/28

条件厳しい
指が湿ってれば即反応、逆なら使い物にならず。
湿るとは指を水道で濡らすレベル 外て使えるか試したい
まだ改善の余地ありそう
774さん

この手の奴は指をなめて使うんだよ

Amazon カスタマー 2015/11/19

だめだ、これは
朝一の心拍を測る為に購入しましてが、測定の簡単さが、無い。
測定する為に技が必要。




1万5000円くらい

LAD WEATHER LAD006BK3 Amazon / 楽天 / 価格コム
B00L1U78JY

Amazonのお客様2015年12月19日

値段上がりすぎ(実は2台目)
バックライトが切れてしまい、買い替え。ただ、11月ぐらいからチェックしていたら値段が急に上がってビックリ。11月初めは、2年前より多少上がって13000円台、タイムセールが11000円台。もうちょい待とうかなと思っていたら、中旬以降に16000円台に。やむなく、12月のタイムセールで13000円台で購入。
この2年の間に、ハートレートモニターの故障、スタートボタンの接触不良、バックライト切れ。ちなみにバッテリーはまだ大丈夫なようです。ただ、心拍計は怪しい(個体差でない)

H.H 2015/8/4

コスパ最高
タイムセールで¥10680で購入。




Jawbone UP3
B017H24ERS



かんきち 2015/9/14

ライフロガーとしては最適 フィットネストラッカーとしてはイマイチ
面倒な人は最後だけ見てください。
UP24→fit bit charge hr→UP3と乗り換えてきました。発売当初、まるで機能が進化していなくてがっかりし、fit bitに浮気をしましたが、2015年9月のアップデート内容を見て購入に至りました。
おそらく多くの人が比較検討するであろうfit bit charge hrに対する優位点としては

  • 1週間もつバッテリー。
  • バンドの調整が無段階なので装着感が良い。
  • 睡眠時のデータが細かい。

また、劣る点は

  • 心拍数は安静時の逐次計測スポーツでは利用できない
  • 運動強度は自己申告。
  • バンドの留め具が外れやすい。

個人的には、ライフロガーは最低でも1週間は電池がもつことが最低条件だと思っています。今回のアップデートで睡眠も自動記録できるようになりましたし、ものぐさな自分には最高です。ただし、上記のようにfit bitに比べるとフィットネストラッカーとしてはイマイチです。運動強度を測定するわけでもないし、気が付くと留め具がズレて外れそうになってたり。
総括すると

  • 睡眠時のデータ重視、ものぐさな人→UP3
  • 運動時のデータ重視。マメな人→fit bit charge hr
  • 水泳したい。充電とか嫌い→vivofitmisfit
  • スマホとの連携機能が使いたい→apple watch、smart watch

ですかね。