Epson PS-600との比較【まとめ】【ForeAthlete 235J】

235J 2ch / Twitter / Google / Youtube
B01E88SCV8

1.Epson PS-600との比較。

  • 活動量計「PS-600」は徒歩・心拍数・睡眠を管理するもの。
  • ランニング・ウォッチ「ForeAthlete 235J」は運動に焦点

2.ジョギングをはじめたらPS-600では物足りない。

  • 走った距離・時速が知りたくなった。
  • JogNoteで事前に距離を測り、PS-600で走行時間を見て、あとから時速を計算。できなくはないけど、明らかに不便。

3.ラン。

  • まずGPSをオン。スタートを押すと計測してくれる。
  • 1kmごとにアラームが鳴り、ペースを確認。
  • 機能が多すぎて分からなくなる。慣れると思う。
  • 使う機能が限られてくるはず。自分の目的のものだけに。

4.2017年12月から走り始めた。

  • 2018年2月21日の計測で、VO2maxは46。微妙。

5.帰ったら接続。

  • 充電しながらデータをアップロード。

6.管理画面の見やすさ。

  • PULSENSE Viewから使い始めたので、PULSENSE Viewのほうが見やすいです。
  • 今後Garmin Connectに慣れるのかどうか分かりません。

7.ラン・アプリ

  • アプリを抜いたら電池の保ちが良くなった気がする。
  • Single Run Field。最初に使ったから見慣れた。
  • 1kmごとに音が鳴ってペースが表示される。
  • PACE(1kmペース)をSPEED(時速)に変えたくらいでそのまま使っている。
  • 心拍数と時速6kmとケイデンス180を目安に、速くなりすぎないように気をつけている。

  • Dozen Run
  • これも使いやすそうだが、設定が面倒なので先延ばし。

Garmin Connectでは「Office 365アカウントに接続」が邪魔。

  • uBlock Originで非表示にした。