【日本人殺害】知り合いにフィリピン女と結婚した奴とブラジル女と結婚した奴がいる どっちも食い物にされて悲惨だった

日本人だろうが、外人だろうが、金の切れ目が縁の切れ目

女というのは全身全霊、 斯様に ”打算” で生きている

賢い女は、カネのない男、将来性のない男は度外視する。

例え醜男、チビ・デブであっても、稼ぎのいい男ならOK。

ジジイが会社員時代、後輩の女子社員(30歳、独身)に言った。

「女は金持ちが好きだからなあ、君もだろ?」

「いいえ、お金持ちだから、好きになるって訳じゃないです。大金を稼ぎ出すという、その能力に魅力を感じますね」

つべこべ言うけど、結局カネに惹かれるんじゃないか。

情報源:女というものは 独居老人の生活

負け惜しみで言う。振られて良かった

一人寂しく暮らす独居老人に、チェンマイ在住の知人(日本人)がタイ人女性を紹介してくれた。

相手の女性、Z嬢は32歳、無職。

前の恋人は日本人爺さんで、同居していたと言う。

7年ほど続いたその関係は、爺さんが病気で日本に帰ってしまい、幸せな生活に幕が下りる。

そのあとZ嬢は約2年間、別れた恋人から貰った手切れ金で生計を立ててきた。

そろそろ後釜をという事で、新たな恋人を募集中だったのだ。

そこでチェンマイ市内のレストランでお見合いと相成った次第。

ジジイは一つの教訓を得た。

老人が若い女を口説きたかったら、ケチっていてはダメ。

大盤振る舞いが不可欠であると・・・。

爺さんへの好感度は、その気前の良さに比例する(当たり前のことを書いてすみません)。

情報源:続・女というものは 独居老人の生活

マレーシア 日本人拉致のグループ5人逮捕 結婚詐欺か

2013年03月18日

マレーシアの首都近郊で、51歳の日本人男性が拉致される事件があり、地元の警察がナイジェリア人やフィリピン人の男女あわせて5人を逮捕しました。

男性にけがなどはありませんでした。

地元メディアなどによりますと、拉致されたのは、今月12日にマレーシアに入国した51歳の日本人男性です。

16日、地元の警察が首都クアラルンプール近郊のカジャンで、マンションに監禁されていた男性を救出するとともに、ナイジェリア人の男3人とフィリピン人の女2人のあわせて5人を逮捕しました。

在マレーシア日本大使館によると、男性にけがなどはないということです。

男性はマレーシアに入国する前、容疑者の女1人と、インターネット電話「スカイプ」を使って結婚ついてのやりとりをしていて、容疑者グループは男性を拉致した後、男性の家族に身代金5万ドル、日本円で470万円あまりを要求していたということです。

監禁の邦人男性保護=結婚詐欺グループ逮捕-マレーシア警察

2013年03月18日

マレーシアの地元メディアが18日報じたところによると、同国警察は、インターネットで知り合ったフィリピン人女性に会うため入国した後、誘拐され、首都クアラルンプール近郊のマンションに監禁されていた邦人男性(51)を保護し、容疑者5人を逮捕した。

警察は、ネットを通じた結婚詐欺だとしている。

5人はナイジェリア人の男性3人と比女性2人で、いずれも30歳代という。

邦人男性は比女性と結婚する意向で、女性の招きに応じてマレーシアに12日に入国したところ、犯行グループに監禁された。

容疑者らは、5万ドル(約470万円)の身代金をフィリピンにある銀行口座に振り込むよう、男性の家族に要求していた。

どっちも食い物にされて悲惨だった

知り合いにフィリピン女と結婚した奴とブラジル女と結婚した奴がいるけど、どっちも食い物にされて悲惨だったわ。

悪いことは言わない、結婚するならどんなに不細工でもBBAでも日本人女にしとけ。

あ、チョーセンは論外ね。これも1人いたが、被害の規模がケタ外れw

親父は既にフィリピン女に殺されてて、偽装工作の為にLINE送り続けてるんじゃないのか?

わいの実の親父、新しい彼女だと豪語してたフィリピン女とは別れたらしいけどあまりにも直近のLINEの日本語がたどたどしいのでわいの親父は既に件のフィリピン女一味に殺されてて、フィリピン女が一生懸命偽装工作の為にわいにLINE送り続けてるんじゃないのか?というヤバい疑問が生まれつつある。 5:46 – 2018年9月12日