池下未沙 保田樹輝【女子高校生殺害事件】


女子高校生殺害 関与疑いの大学生「能登に行く」

(170313)

  • 石川県能登町の空き家で女子高校生が殺害されているのが見つかった事件で、関与したとみられる男子大学生は事件の2日前、母親に「能登に行く」と話していたことが分かりました。
  •  10日夜、能登町の空き家で高校1年生の池下未沙さん(16)が殺害されているのが見つかりました。この2時間前、隣の石川県穴水町で、長野県松本市に住む21歳の男子大学生が車にはねられて死亡していて、警察は、この大学生が殺害に関与した疑いがあり、自殺したものとみています。警察によりますと、この大学生は先月7日、金沢市の実家に帰省し、度々、能登町を訪れていたうえ、事件の2日前の8日には母親に「能登町に行く」と話し、出掛けたということです。警察は、男子大学生の足取りなどを詳しく調べています。

池下未沙 ログ速 / Twitter / Google / Youtube / okwave
保田樹輝 ログ速 / Twitter / Google / Youtube / okwave
女子高校生殺害 ログ速 / Twitter / Google / Youtube / okwave



車のハンドルから新たに血痕 石川・女子高校生殺害


(170312)

  • 石川県能登町で女子高校生が殺害された事件で、関与が疑われている大学生が運転していた車のハンドルから新たに血痕が見つかったことが分かりました。
  •  10日、遺体で見つかった池下未沙さん(16)は、能登町の空き家の1階の居間で粘着テープで手を縛られた状態で発見され、体には複数の刺し傷がありました。事件への関与が疑われている別の場所で事故死した男子大学生(21)が乗っていた車からは血の付いた包丁のほか、ハンドルなどからも血痕が見つかったうえ、車内には遺体が発見された家の鍵もあったということです。他にも、この家から大学生のものとみられる携帯電話も見つかっています。

石川・女子高校生殺害 男子大学生の車から包丁

(170312)

  • 石川県能登町の住宅で女子高校生が殺害されているのが見つかった事件で、何らかの関与が疑われる男子大学生の車から血の付いた包丁が押収されていたことが分かりました。
  •  10日、石川県穴水町の自動車専用道路で、長野県の男子大学生(21)が車にはねられ、その後、死亡しました。警察が現場の近くにある男子大学生の祖父の家を訪ねたところ、能登町の高校1年生・池下未沙さん(16)が遺体で発見されました。粘着テープで手を縛られ、体には複数の刺し傷があったということです。また、男子大学生がはねられる直前まで乗っていたとみられる車から血の付いた包丁が押収されています。警察は、男子大学生が殺人事件に何らかの関与をしたとみて調べています。

死亡学生の車内から刃物 不明の高1女子の遺体発見

(170311)

  • 石川県穴水町の自動車専用道路で男性が車にはねられて死亡しましたが、この男性の関係先から女性の遺体が発見されました。警察は、殺人事件とみて調べています。
  •  事件に何らかの形で関与したとみられる長野県在住の大学生(21)の車の中から、血痕の付いた刃物が発見されたということです。

不明の高1女子が遺体で・・・ 事故死の大学生が関与か

(170311)

  • 石川県の自動車道で、男子大学生が車にはねられて死亡する事故がありましたが、警察がこの大学生の関係先を調べたところ、女子高校生の遺体が発見されました。警察は、殺人事件とみて捜査しています。

住宅で女子高校生が死亡 事故で重体の大学生関与か

  • 10日夜、石川県能登町の住宅で、10日から行方不明になっていた高校1年の女子生徒が粘着テープで縛られて死亡しているのが見つかり、警察は殺人事件として、この2時間ほど前に交通事故に遭い、その後死亡した長野県の男子大学生が関わった疑いがあるとみて調べています。
  • 10日午後10時前、石川県能登町宇加塚の住宅で若い女性が粘着テープで手を縛られて頭から血を流して死亡しているのを、この家を訪ねた警察官が見つけました。
  • 警察によりますと、この2時間ほど前の午後7時40分ごろ、隣の穴水町の自動車専用道路で、路上にいた長野県の21歳の男子大学生が、車にはねられて意識不明の重体になる事故があり、乗って来たと見られる乗用車を手がかりに関係先を調べていたところ、女性を見つけたということです。

大学生は、その後、搬送先の病院で死亡しました

  • 警察のこれまでの調べで女性は、10日夜から行方が分からなくなっていた能登町に住む高校1年生の池下未沙さん(16)だと確認されました。体には刃物の様なものによる傷が複数あったということです。
  • 池下さんは、10日午後6時半ごろ、母親の携帯電話に学校まで迎えに来てほしいと連絡し、母親が向かったところ、学校近くのバス停で、池下さんの携帯電話などが散乱していているのが見つかり、連絡も取れなくなったということです。
  • 警察は池下さんが何者かに殺害されたとみて、交通事故で死亡した大学生が関わった疑いがあるとみて調べています。

SNSで情報提供呼びかけ

  • 10日、池下未沙さんの行方が分からなくなったのを受けて、インターネットのフェイスブックやツイッターには、池下さんの顔写真が掲載されて情報の提供が呼びかけられていました。

夕方まで吹奏楽部で活動

  • 池下さんが通っていた県立能登高校によりますと、池下さんは、10日、所属する吹奏楽部で午後6時ごろまで活動していたということです。そして、午後6時半ごろ、母親の携帯電話に「部活動が終わったので高校前のバス停まで迎えに来てほしい」と連絡していたということです。
  • しかし午後6時50分ごろ、母親が高校前のバス停に到着した時には、池下さんの姿は無かったということです。一方、母親が到着する前にバス停を通りがかった別の生徒が、池下さんの携帯電話やかばんが落ちているのに気づき、母親に手渡したということです。
  • 能登高校の大窪直ニ校長は「大変驚いていて、本当に悲しい思いだ。池下さんは勉強も部活動も一生懸命頑張る本当に素朴でまじめな生徒だった。吹奏楽部でも大きな楽器を担当するなど献身的な生徒だった」と話していました。
  • 高校は、事件によってほかの生徒の動揺が広がらないよう、臨床心理士やスクールカウンセラーの派遣を県教育委員会に要請しました。

祖母「とてもおとなしく優しい子」

  • 死亡した池下さんの祖母は、「大学に行きたいと言って勉強を頑張っている辛抱強い良い子だった。吹奏楽部の部活動も頑張っていた。とてもおとなしくて優しい子で、こんな目に遭ったのかと思うと悲しい」と話していました。

女子高校生殺害 空き家1階に多量の血痕 石川

  • 10日、石川県能登町の空き家となっている住宅で高校1年の女子生徒が殺害されているのが見つかった事件で、この家の1階から多くの血痕が見つかったことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は見つかったのは女子生徒の血痕で、この家まで連れ去られたあと殺害されたと見て調べています。
    10日午後10時前、石川県能登町宇加塚の空き家となっている住宅で、町内に住む高校1年生、池下未沙さん(16)が粘着テープで手を縛られ、刃物のようなもので首などを切られて殺害されているのが見つかりました。
  • この2時間ほど前には、隣の穴水町で信州大学に通う長野県の21歳の男子大学生が車にはねられて死亡し、警察は男子大学生が事件に関わった疑いがあり、自殺したと見ています。
  • 警察は12日、女性が見つかった家を詳しく調べていて、これまでに1階の居間から、多くの血痕が見つかったことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、見つかったのは女子生徒の血痕と見ていて、男子大学生が乗ってきたと見られる車からは血の付いた刃物が見つかったものの、血痕はほとんど見つからなかったということです。
  • 警察は、2人には面識がなく、女子生徒が高校近くのバス停で母親の迎えを待っていた時に連れ去られ、その後、この家で殺害されたと見て調べています。警察によりますと、この家はかつて大学生の親族が住んでいたということです。