一生を終えてのちに残るのは

一生を終えてのちに残るのは

会社員 野崎 佳宏(神奈川県50)

20歳のころ、三浦綾子さんの小説を夢中で読みました。「続氷点」に「一生を終えてのちに残るのは、われわれが集めたものではなくて、われわれが与えたものである」という言葉が出てきます。

当時はよく理解していませんでした。お金がたまれば車を買い、家を買い、果てしないコレクション魂が人間の悲しいではないかと。

20代後半で父が、数年後に母が他界しました。苦労を重ねた両親の人生は何だったのか。かわいそうに思えてきました。いずれ身内や友人もこの世から消え、両親が人々の記憶からも消えていくことが。

30代後半になり、あの一言葉を思い出しました。手元に「集めた」ものは、自らの死とともに消えてなくなるでしょう。でも、「与えた」ものはそうではないと考えるようになりました。両親から受け取った有形無形の施しを、自らの肥やしにするだけでなく、たすきリレーのように次の世代に伝えていく。これこそ、自分が生を受けた意味なのかもしれない。

自分のしがない人生は、何百万年と続く人類の営みのほんの一瞬です。残したいものは何なのか。考えながら子どもと接する日々です。