藤沢数希=橘玲=上田高史=宝島30元編集長【噂】

橘玲=上田高史(「宝島30」元編集長)

橘玲はナマポ受給者なのか?

マジで宝島編集長?

元外資金融マン的なイメージだったけど、マジで宝島編集長?

橘玲とは – はてなキーワード

橘玲 たちばなあきら

「海外投資を楽しむ会」の創立メンバーの一人。

本名、上田高史。

1959年静岡県出身。

早稲田大学第一文学部卒業。

宝島社『別冊宝島』『宝島30』編集長を経験。

上田高史というデイトレ商材屋だったおっさん

聞いた話では上田高史というデイトレ商材屋だったおっさん

「橘玲」という名前で上から目線の指南本を書いて売れた

ネット上で本名バレしたから「橘玲」での活動を休止

藤沢数希という新たな名前でキャラをかえて上から目線本を出版し続けてる

たしかに「橘玲」での活動が激減した時期と藤沢数希名義での活動が開始した時期がほぼ一致する

関連ニュース

  • 2019年01月06日 「BBQの片付けは貧乏人のやること。僕は合理的だからその辺の安い女にやらせたい」恋愛工学者藤沢数希の「正論」が話題
  • 2018年03月03日 橘玲が明かす「宝島30」編集長時代 あの銃撃騒動も
  • 2013年06月14日 chikirin=伊賀泰代という人材コンサルタント。「chikirin」というワードを商標登録した本人。86年に大学卒

ログ速 / Twitter / Google / Youtube / gunbird / gnews 橘玲
ログ速 / Twitter / Google / Youtube / gunbird / gnews 上田高史
ログ速 / Twitter / Google / Youtube / gunbird / gnews 藤沢数希

橘玲が明かす「宝島30」編集長時代 あの銃撃騒動も

2018年03月03日

投資や経済をテーマとする作家・橘玲。正直、何の興味もない人だったんだが、本名も顔写真も非公開にしている彼が元『宝島30』編集長で、当時のことも含めた自分語りを本にしたと聞いたら話は別である。『宝島30』の記事がきっかけで美智子妃がストレス性の失語症となり、それに怒った右翼が宝島社に銃弾を撃ち込み、その翌日、『宝島』編集部に行ったら「伏せて! 窓から頭が見えると撃たれるから!」と言われ、伏せながら歩いた経験を持つ身としては他人事じゃないのだ。

いまやネットで検索しても、ボクと元『宝島30』編集者でもある町山智浩の証言ぐらいしか出てこない銃撃騒動について、編集長のコメントがようやく読める……と思ったら、なぜか「ある朝、会社に行ったら玄関の前に警察官が集まっていて、ガラスにいくつか穴が開いていた。とはいえ、皇室や右翼のことなどほとんど知らなかったから、たいへんだなあ、ということはわかったが、だからといって恐怖を感じるということはなかった」って感じで、えらい他人事だったからビックリ。

その後、「別棟の編集部に右翼が立てこもるという事件が起きる。幸いなことに警察官の説得で事なきを得たが、このときはさすがに『ヤバい』と思った。会社もこのトラブルにどう対処するか悩んだのだろうが、けっきょく編集長を替えて雑誌は存続することになった。それで、ぼくが新しい編集長になることになった」とのことで、要は銃撃騒動の尻拭いで編集長になった人だからそれもしょうがなかったわけである。

彼が編集長になると、「地下鉄サリン事件の直後から、ぼくたちの雑誌は教団に対して独占的に取材できる立場にあった。事件が起きると南青山にあるオウム真理教本部はものすごい数のメディア関係者に取り囲まれたが、そんななか、ぼくたちだけは教団の建物に入っていくことができた」ので、そっち関係については当事者としての濃い話も満載。