ランパノ・ジェリコ・モリ 原田実里

【茨城美人女子大生全裸殺人 捜査線上に浮上した二人のカレシ】[週刊文春2・19]

  • 「転寝君」は水泳部で身長が165cm
  • 原田さんとの付き合いは1年半前から
  • 原田さんの携帯電話からの最後の発信は18時過ぎで通話相手は「転寝君」
  • 「転寝君」は原田さんのアパートから約2キロ離れた同町のコーポに住んでいる
  • メモには「ちょっと知り合いに会いに行きます」と書いてあったので「転寝君」は朝、一旦、車で自分の家に戻る
  • メモは水性ペンのようなもので書かれていた
  • 「転寝君」とは1ヶ月ほど前に別れたと原田さんは話していた
  • 昨年末から別の男性B君と付き合っていると学内では言われていた
  • 知人は何故“元カレ”の「転寝君」と一緒の部屋にいたんだろう?“今カレ”とは一体どうなっていたんだろう?と囁き合っていた
  • 事件後2月2日、“今カレ”と噂されるB君は密かに“元カレ”である「転寝君」の自宅を訪れていた

茨城大女子大生殺害事件

「卑劣な犯行」茨城大生殺害で被告の男に無期懲役(2018/07/25 18:07)

  • 茨城大学の女子学生が殺害された事件で、無期懲役の判決です。
  • フィリピン人のランパノ・ジェリコ・モリ被告(36)は2004年1月、他のフィリピン人の男2人と一緒に通りすがりの女子学生(当時21)を乱暴したうえ、殺害した罪に問われています。水戸地裁は、25日の判決で「被害者の人格を踏みにじる卑劣な犯行であり、執拗(しつよう)、残虐で殺意の強固さも明らかである」などと指摘し、無期懲役を言い渡しました。弁護側は「若さや飲酒が犯行に影響している3人が相互に影響し合い、犯行がエスカレートした」などと主張し、有期刑を求めていました。






茨城大女子学生殺害認める 初公判でフィリピン人男(2018/07/17 11:57)

  • 14年前に茨城大学の女子学生を殺害したなどとして起訴されたフィリピン人の男の初公判が水戸地裁で開かれ、男は「間違いありません」と起訴内容を認めました。
  • ランパノ・ジェリコ・モリ被告(36)は2004年1月、当時少年だったフィリピン人の男2人と茨城大学に通う女子学生(当時21)を車内に連れ込んで乱暴したうえ、首を絞めて殺害した罪などに問われています。17日の初公判で、ランパノ被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。検察側は、冒頭陳述で「犯行は悪質極まりなく、結果は重大である」と指摘しました。一方、弁護側は「当時、若い被告人らの年齢が影響し、犯行がエスカレートしていった」などと主張しました。裁判は19日に結審し、判決は25日に言い渡される予定です。