ダイハツ タント 構造的な欠陥?リアのルームランプが原因でバッテリー上がり

昼間しか乗らないタント

しかも週に1度、母親の送り迎えに近場を走るだけ。

バッテリーが上がり、ブースターケーブルで対処

2017年12月12日の購入履歴が残っていた。

2018年6月、バッテリー上がり再発

2018年6月6日にボッシュのバッテリー購入履歴あり。

1ヶ月でバッテリー上がり再再発

気味が悪いのでダイハツを呼んだ。

ダイハツもバッテリーを交換して帰った。

ダイハツの整備士いわく「ニュートラルにしていません?」

ニュートラルにしていると電気を食いバッテリーが上がるとのこと。

自分自身はニュートラルにする習慣がないのであり得ない。

家族の誰かが犯人かもしれないので、キーを預かることにした。

1週間で再再再発

もう一度ダイハツを呼んだ。

いったん整備工場に持ち帰ってもらった。

時間をかけて検証してもらった結果、原因はリアのルームランプらしい。

見たけど、これは構造上の欠陥じゃない?

残念だけど日本中で起こりうる。

赤の矢印のように押せばシーソーっぽく動く構造。

斬新だけど、これはダメでしょ。

検索したら他所でも起きてた

バックドア側の室内灯、ちゃんと消えていますか?

そしてリアのルームランプつけっぱなし犯は妹

2018年の春に「引っ越しに使いたい」と言われて数日貸した。

リアに荷物を積んでなん往復もしていた。しかも夜。

自分がやらかした可能性も考えた。

でも1年間なにも起きていないから妹が犯人だとほぼ断定。