グーグルに勤める社員が最近2億円出してこの家を買った。22.6坪。これがシリコンバレーの現実だ


2億円の家 シリコンバレー

2億円の家 ジョージア州アトランタ


2億円の家 アラバマ州ハンツヴィル


関連ツイート

  • “グーグルに勤める社員が最近2億円出してこの家を買った。22.6坪。これがシリコンバレーの現実だ。… “ 16:06 – 2018年10月16日
  • 上のシリコンバレーの家と同じ値段を払えば、ジョージア州アトランタではこんな家に住めます(笑) 7:58 – 2018年10月18日
  • ようするにシリコンバレーであの「犬小屋」を買った奴は、ホント、お金の値打ちを知らないオッチョコチョイだということ(笑) 8:14 – 2018年10月18日

サンフランシスコ このバンガローは、シリコンバレーの住宅不足を足している

2018年9月26日

カリフォルニア州の102歳の4部屋の家屋は2003年に10万ドルで売却され、178万ドルで閉鎖されました

それほど小さくない100歳のバンガローは、規則バスケットコートの中に5回入居でき、カリフォルニア州パロアルトで178万ドルで売られています。

シリコンバレーの不動産市場が、ここ数年の間にどのように膨らんだのかは、盛んなハイテク産業が地方経済に拍車をかけ、住宅価格を高騰させたことによる兆しです。昨年だけでもパシフィック・ユニオン・インターナショナルの最新のベイエリア市場レポートによると、パロアルトを含むサンタクララ郡の価格は21%上昇しました。

パロアルトの極端な価格インフレを引き受けるために、この小さな家は2003年に100,000ドルで最後に売却された。

パロアルトのバンガローはわずか804平方フィートに及んでいます。これは、5つの駐車スペースと同じサイズで、地元のパロアルトデイリーポストの記者がTwitterで述べている。

「小さな家」の資格を得るにはやや大きすぎるかもしれないが、4部屋の家も1916年以降大幅に更新されておらず、郡の財産記録によれば、最近差し押さえの対象となった。

Googleのソフトウェアエンジニア、バイヤーは8月末に家を閉めた。彼はすぐに購入に対するコメントを述べなかった。

彼は5月に差し押さえオークションを通じて不動産を売却した貸し手から不動産を直接購入した。差し押さえに関与する法的代理人が確認された。

最近2016年までに、家のイメージは、家具と自生する植物で散らばった前庭を示しています。すべて言った、ベージュの屋根の家は、小さな入り口のポーチ、2つのベッドルーム、バスルーム、リビングルームとキッチンで構成されています。

7月には、2ベッドルームのバンガローが現代的に更新され、2,3ブロック先に260万ドルで売却されたという。

サンタクララでは、ベイエリアの暖かい不動産の景観の中で、他のどこよりも急速に価格が上昇すると見ています。

「パシフィック・ユニオンのチーフエコノミスト、セルマ・ヘップ氏は、「サンタクララ郡の中央値段は他の地域のほぼ2倍の伸びを続けている」と同報告書で、中央値段は約120万ドル。

SAN FRANCISCO This Bungalow Sums Up Silicon Valley’s Housing Shortage

SEPTEMBER 26, 2018

The 102-year-old four-room house in California sold for $100,000 in 2003, and just closed for $1.78 million

A 100-year-old bungalow so small it could fit inside a regulation basketball court five times has sold in Palo Alto, California, for $1.78 million.

It’s a sign of just how inflated the Silicon Valley property market has become over the past several years due to the thriving tech industry fueling the local economy and driving house prices skyward. In the last year alone, prices in Santa Clara County—which encompasses Palo Alto—jumped 21%, according to the latest Bay Area market report from Pacific Union International.

To capture the extreme price inflation in Palo Alto, this small house last sold in 2003 for $100,000, property records show.

The Palo Alto bungalow spans only 804 square feet. That’s about the same size as five parking spaces, a reporter from the local Palo Alto Daily Post noted on Twitter.

It might be slightly too large to qualify as a “tiny house,” but the four-room home also hasn’t been significantly updated since 1916 and was recently subject to foreclosure, according to county property records.

The buyer, a software engineer at Google, closed on the home at the end of August, property records show. He did not immediately offer comment on the purchase.

He bought the property straight from the lender, who repossessed the property through foreclosure auction in May, a legal representative involved in the foreclosure confirmed.

As recently as 2016, images of the home show a front yard littered with furniture and overgrown plants. All said, the beige shingle house consists of a small entry porch, two bedrooms, a bathroom, a living room and kitchen.

In July, a slightly larger two-bedroom bungalow with a modern update a few blocks away sold for $2.6 million, according to property records.

Santa Clara has seen prices grow faster than anywhere else in the Bay Area’s heated real estate landscape.

“Santa Clara County’s median price continued to grow at almost twice the rate of any other region,” wrote Selma Hepp, chief economist of Pacific Union, in the report cited above, adding that the median house will now set a buyer back roughly $1.2 million.