【メキシコ】麻薬組織同士の抗争か、26人の遺体がメッセージと共に見つかる 「セタス」から「シナロア」などへ向けた内容

メキシコ 2011年11月25日

麻薬組織同士の抗争か、26人の遺体がメッセージと共に見つかる

「セタス」から「シナロア」などへ向けた内容

Mexico police find 26 bodies in gang killing

1:2011/11/25(金) 15:18:26.18 ID:???

  • メキシコ第2の都市グアダラハラで24日、複数のトラックから少なくとも26人の遺体が見つかった。
  • 現場には麻薬組織によるメッセージが残されており、組織同士の縄張りをめぐる抗争とみられている。
  • 地元メディアによると、遺体とともに見つかったメッセージは麻薬組織「セタス」によるものとみられ、敵対する「シナロア」などに向けられた内容だったという。
  • メキシコでは、9月から10月にかけてベラクルス州で計60人以上が殺害・遺棄されているのが見つかったほか、23日にはシナロア州で頭を撃たれて放火された警察官3人を含む16人の遺体が発見されており、この2カ月で約100人が殺害されている。
  • シナロア州のマリオ・ロペス知事は、「麻薬組織は縄張りをめぐって争っている。
  • どこかで殺人が起きれば、別の場所でその報復が行われる」と現地ラジオに語った。
  • メキシコでは、2006年のカルデロン大統領就任以降、麻薬に関する抗争で約4万5000人が死亡している。

【メキシコ】 麻薬組織同士の抗争か、26人の遺体がメッセージと共に見つかる 「セタス」から「シナロア」などへ向けた内容 [11/25]

5:2011/11/25(金) 15:26:51.25 ID:07+zyNpV

麻薬とは関係のない人は
この修羅の世界でも普通に暮らしてるの?

18:2011/11/25(金) 15:50:18.03 ID:tb8Epwbp

>>5

逃げれる奴はメキシコシティで平和に暮らしてる

今も修羅の街で暮らしてるのはアメリカに脱出したい貧民

個人差はあるが日収が5ドル以下の人々

36:2011/11/25(金) 18:37:07.59 ID:8Sx8bWe0

遺体はグアダラハラのロータリーの周りに、
3台の車の中に積まれていた。

Dejan cadáveres en los Arcos del Milenio

  • 現場には麻薬組織ロス セタスが対立組織カルテル デ シナロアのボス エル チャポ グスマンにあてたメッセージが残されていました
    2ヶ月前にベラクルス港近くの路上に36人のロス セタスメンバーの死体がばらまかれており、今回の事件はその報復であるとされています
  • ベラクルスで36人を殺してばらまいたのはカルテル デ シナロアに近いカルテル デ ハリスコ ヌエバ ヘネラシオンのメンバーで、犯人たちは犯行後にマタ セタスと名乗り犯行を認める動画をYoutubeに上げていました

Video Mata Zetas Comunicado sobre Veracruz

  • グアダラハラ市の事件の前日の水曜日には、カルテル デ シナロアの本拠地であるシナロア州の州都クリアカン市で燃やされた2台の小型トラックの中から16人の黒焦げ死体が見つかっています
  • 警察はカルテル デ シナロアの犯行と見て捜査を始めています

Encuentran 9 cuerpos calcinados y 4 ejecutados en menos de una hora

https://www.youtube.com/watch?v=rsvvdhML9zE

麻薬を運ぶための地下道発見。メキシコからアメリカまで

以前から「掘って」は「発見され」を繰り返しているみたい。

サンディエゴとメキシコのティファナとを結ぶ国境越えの麻薬のトンネルを発見

大麻の推定17トンが押収された。

Major Drug Tunnel Linking US, Mexico Discovered

1:2011/11/17(木) 14:59:07.39 ID:???

  • 米入国・税関管理局(ICE)は16日、カリフォルニア州とメキシコとの国境間につくられた麻薬密輸用の大規模地下トンネルを発見し、マリフアナ17トン超を押収したと明らかにした。
  • このトンネルは全長約370メートルで、米サンディエゴ南部の工業団地にある倉庫とメキシコ側のティファナを結んでいた。
  • 15日午後、警官が企業名などのない白い倉庫から立ち去るトラックを停車させたことから事件が発覚。男2人が逮捕された。
  • 当局が建物を捜索したところ、深さ約6メートルの地下に高さ1.2メートル、幅0.9メートルのトンネルが見つかった。
  • トンネルは崩れないよう補強され、電気や換気装置もあったという。
  • また、捜索の結果、トラックや倉庫でマリフアナ計9.5トンを発見し、メキシコ側でも約8トンを押収した。
  • ティファナは、メキシコから米国への薬物密輸の玄関口となっており、昨年にも2つの大規模トンネルが発見されている。

【米国】メキシコとの国境に麻薬密輸トンネル マリフアナ17トンを押収[11/11/17]

8:2011/11/17(木) 15:21:13.52 ID:ySNTVM8X

ノガレスで歩いて国境超えたけど、メキシコ側は町が暗くって
マスクした警官がマシンガン持って麻薬取り締まりしてた。

ちょっと遊んでUS側に戻った、、

一人歩きの観光客と見たのか町で追いかけられた。

スタンプ押さないくせに戻る時だけカスタムで止められ、
しばらくしたらもっとヤバそうな奴を見つけたのか
おまえは行っていいと放免、、

メキシコ側で誘拐殺人に遭うアメリカンが多いことを知ったのはその後

9:2011/11/17(木) 15:25:00.55 ID:IGgsovO7

しかも今は手掘りじゃないんだよ。

小型のトンネル掘削マシーンで掘るからルートも正確で工期も早い。

麻薬カルテルはカネがあるからすごいね。

ちなみに、摘発される事を前提に何本か平行運用してるらしい。