福島雅典 京都大学名誉教授 1948年生まれ

肺がん治療薬イレッサも「薬害」と決めつけ

福島雅典氏は肺がん治療薬イレッサも、「薬害」と決めつけて世論をミスリードした。
その後、イレッサは有効性が立証され、肺がんステージ4の治療に重要な存在となっている。
そもそも「薬害」とは、明確な定義もない曖昧な概念だ。人間を肩書きだけで信用すべきではない。

関連ニュース 福島雅典

京都大学名誉教授。1948年生まれ。1973年名古屋大学医学部卒業。1978年愛知県がんセンター病院内科。2000年京都大学大学院医学研究科薬剤疫学分野教授。2002年京都大学医学部附属病院探索医療センター教授。2003年先端医療振興財団臨床研究情報センター長(兼任)、京都大学医学部附属病院外来化学療法部長(兼任)。2009年より現職:(公財)先端医療振興財団臨床研究情報センター長(現:(公財)神戸医療産業都市推進機構医療イノベーション推進センター長)。MSDマニュアル(旧メルクマニュアル)日本語版の監訳・監修責任、米国国立がん研究所が全世界に配信する、がん治療に関する世界最高最新のデータベースPDQの日本語版総責任者でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

Twitter / Google / Youtube / 5ch / mimizun / togetter
リアルタイム / Google トレンド / Yahoo!ニュース

  • 須藤元気氏 多岐にわたるコロナワクチン副作用に「一定数存在するのは否定しようのない事実」
  • 帯状疱疹、リウマチ、血管系障害、心筋炎……「コロナワクチン後遺症」驚愕の調査結果を京大名誉教授が発表
  • 「1つのワクチンで これだけの論文が出るのは人類史上初めて」 新型コロナワクチンに “ワクチン問題研究会”の医師らが持つ疑問【大石が深掘り解説】
  • コロナワクチン副作用被害 3年で過去45年上回る ワクチン問題研究会が厚労省で会見
  • 「将来薬害となる可能性も…」 新型コロナワクチンは薬害なのか? 大学での薬害の講義で新型コロナワクチンを取り上げ【大石が聞く】
  • “新型コロナワクチン接種後症候群”を病気として解明目指す 医師中心の研究会が発足【大石が聞く】
  • 「ノーベル賞を取っても被害をなかったことにするわけにはいかない」 コロナワクチンの問題指摘する専門家に聞いた
  • 新型コロナワクチン接種後の死亡事例 “評価不能”とした国の対応は?遺族の訴え【後編】