ヒトラー名言集


ヒトラー名言集

  • 女性が権力を持った国は数年以内に滅びる
  • 少数の男性が大多数の女性と性交渉する時代が来る
  • 老人が多く自コロる国は滅ぶ
  • 男性は女性と比べ、生物学的にも全てにおいて能力が上。だからといって男は女性に優しくする必要はない。女性に優しい女性優遇国家は成長しないどころか衰退する
  • 一般人までもが近代科学文明に頼るようになると性交渉の低年齢化が進み、子供が子供を産む時代が来る
  • 私は間違っているが世間はもっと間違っている

女が権力を持ったら国が滅ぶ事が判明

ヒトラーってすごい人だったんだな

流石ν速公認独裁者だな

熱狂的支持率を得たのが解るわ

正しいこと言ってるし

ヒトラーは女を分かった上で利用してたからね

「女は誰に抱かれたいかで政治家を選ぶ」ということを自身で証明した

エマソン名言集

自然

  • 「たいていの人々は太陽を見ていない」
  • 「自然を愛する人」
  • 「太陽や夏ばかりではなく」
  • 「自然は、舞台装置だ」
  • 「自然の精神性」
  • 「光は第一級の画家」
  • 「健康と一日の生活が与えられれば」
  • 「家の中にいるのがつらいほどの夕焼け」
  • 「天空は瞬間ごとに相貌を変える」
  • 「美の定義」 「人間と地球のアナロジー」
  • 「世界は象徴として存在している」
  • 「世界は、あなたにとっての本」
  • 「農場は物言わぬ福音」
  • 「自然という偉大な先生から学べる事」
  • 「違っている面よりも似ている面の方が大きい」
  • 「わたしたちのために、風は吹く」
  • 「平凡なものの中に奇跡を見る」

アメリカの学者

  • 「魂は金銭の家来になりさがっています」
  • 「あらゆるものが、あなたの教科書」
  • 「自然は彼にとって彼の成果を量る尺度となります」
  • 「世界中で価値のあるものはただひとつ」
  • 「人間は希望するものです」
  • 「考える人間」
  • 「人間の精神のすばらしさ」
  • 「世界」
  • 「行動こそが、真珠やルビー」
  • 「生活こそわたしたちの辞書なのです」
  • 「世界にはびこる嘘、嘘、嘘」

自己信頼

  • 「あっさりと、見捨てられた思想」
  • 「実際にやってみるまではわからない」
  • 「大人はいわば、牢の中の囚人である」
  • 「人間でありたいものは、順応とは縁を切らねばならぬ」
  • 「わたしにとって正しいものと、正しくないもの」
  • 「権力をまえにしてのごくありふれた態度」
  • 「わたしの生活は生活そのもののためにある」
  • 「もちろん、世間では世論に従って生きることが楽」
  • 「君の時間が無駄に消える」
  • 「自己信頼を遠ざけるもうの恐怖のたね」
  • 「知恵ある者の辿るべき道」
  • 「わたしは彼の気にいりたいとは思わない」
  • 「自分のために存在している世界」
  • 「直感の定義」
  • 「手段、教師、教科書、神殿が崩れ落ち」
  • 「人間は臆病で、弁解ばかりしている」
  • 「わたしの家の窓の下に咲くばら」
  • 「人間は、いつも現在を生きていない」
  • 「わたしはこれまでただ、外観だけに目を向けて生きてきました」
  • 「われわれは社会に、骨抜きにされている」
  • 「自己信頼」
  • 「どこへ行っても、わたしの巨人がついてくる」
  • 「社会は新しい技術を身につけると古い本能を失う」
  • 「ふつうの人間は空の星ひとつ知らない」
  • 「社会はひとつの波」
  • 「財産に対する信頼は、、自己信頼の欠如にほかならない」
  • 「やがてわれわれは、数を奴隷のように崇めるようになる」
  • 「運命とよばれているものをことごとく用いたまえ」
  • 「君に平和をもたらすことのできるものは君自身以外にはない」

償い

  • 「欠乏が過度を引き起こす」
  • 「失ったもの、手に入ったものの代償」
  • 「農民は権力や地位がすてきなものだと想像する」
  • 「罪と罰」
  • 「世人は、名声をほしがる」
  • 「悪はすべて恩人にほかならない」
  • 「利己心や欺瞞からも防いでくれる」
  • 「彼の本能は信頼だ」
  • 「自分で苦労して手に入れた益」

霊の法則

  • 「教育という名で呼ぶものよりも価値があるもの」
  • 「問いかけられた時にだけ答えてやればいい」
  • 「自然にそなわる豊饒さ」
  • 「気楽に、素朴に、心のままに行動する」
  • 「選んではならぬ、というのがわたしの主張である」
  • 「天職の見つけ方」
  • 「自分自身の仕事を果たすこと」
  • 「自分の動かす機械の一部に成り下がる」
  • 「たとい労役は卑しくとも、それを高尚なものにすればいい」
  • 「ひとは、自分と似ている者たちをいつも手元に集め続ける」
  • 「君の心が偉大だと思うものが偉大なのだ」
  • 「学び取るだけの準備ができていないものを、学ぶことはできない」
  • 「情熱」
  • 「人間の品性」
  • 「散歩の道すがらにふと路傍で浮かぶ黙想」

  • 「勇気とは」
  • 「人生は驚きの連続だ」
  • 「自分自身を忘れること」

運命

  • 「われわれに与えられているものは、たった二つ」
  • 「運命」
  • 「人間は考える限り自由なのだ」
  • 「事実にへつらう事ではなく、事実を利用する」
  • 「優位に立つのが人間」

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

  • 「沼地で催眠状態から覚めても」
  • 「大切なのは事実ではない」
  • 「語る事実は何の価値もない」
  • 「ただ年から年へと暮らしていたわたしが、これからは」
  • 「視覚よりも嗅覚のほうが深遠な探求になる」
  • 「彼は一字も書きませんでした」
  • 「今日のために生きる」

シェイクスピア

尺には尺を

  • 「ギフト」
  • 「恐ろしいのは人間の口」
  • 「お前に幸せはない」
  • 「死を求めることに生がある」
  • 「死の恐怖に比べればまるで楽園」
  • 「死をなんとも思わないばかさかげん」
  • 「私たちは自分を尺度に他人を判断できません」

夏の夜の夢

  • 「美しいですって?」
  • 「ぐずぐずなどしてられない」
  • 「芝居は、所詮は影」

あらし

  • 「勇気を出せ」
  • 「おのれ」
  • 「怖がっているのは貴様の方」
  • 「やがては嘘も真になる」
  • 「もう昼は過ぎました」
  • 「手軽に得た宝は必ず手軽にあしらわれる」
  • 「父は根は優しい人なのです」
  • 「かかる禍いはこの世の常」
  • 「この世とあべこべ」
  • 「怠け癖に引きづられる」
  • 「遊び事も物によっては苦痛が伴う」
  • 「同じことでも、喜んでやる」
  • 「腹の中で思うぶんには」
  • 「価値観の違い」
  • 「いずれ皆、やがては溶けて消える」
  • 「大事なこと」

十二夜

  • 「恋の精」
  • 「美しいお心」
  • 「天下御免のこの阿呆」
  • 「きまったことはきまったこと」
  • 「あなたは遠慮深い方」
  • 「早起き」
  • 「この喜びは今の笑い」
  • 「男というもの」
  • 「ありゃ男だよ」
  • 「夢が覚めたら」
  • 「空気と同じ」
  • 「本当に頭がいい人」
  • 「三つとも覚えておけ」
  • 「無駄な時」

マクベス

  • 「きれいはきたない」
  • 「本当に怖いもの」
  • 「どうともなれ」
  • 「お役に立たぬ休息」
  • 「どっちにしろ、やってしまう」
  • 「こころ、ウキウキ」
  • 「さあ、演技をしよう」
  • 「迷惑もときには、ありがたいです」
  • 「やって、やって、やって」
  • 「そうして一生をだらだらとお過ごしになるおつもり?」
  • 「勇気を振り絞る」
  • 「言葉の正体」
  • 「眠りの効用」
  • 「さっきから、たわいのないことばかり」
  • 「そんなに、びくびくしないで」
  • 「あなたの心臓の色は?」
  • 「喜んでする苦労」
  • 「全てが無駄ごと」
  • 「国王の地位は、結構大変」
  • 「命の保証」
  • 「考えるのはあとまわし、まずは」
  • 「やってしまうにかぎる」
  • 「この胸のうちに、詰まっているもの」
  • 「ただ今すぐ」
  • 「重い心と軽い心」「おなじ人間」
  • 「不確かな希望」
  • 「とどのつまりは消えてなくなる」
  • 「おれの恐れるもの」

お気に召すまま

  • 「運命と、阿呆」
  • 「知恵の砥石」
  • 「何のことはない」
  • 「ありがとう」
  • 「八十ではもう遅すぎる」
  • 「そこにこそ問題があるのだ」
  • 「全世界が一つの舞台」
  • 「私の一番の自慢の種」
  • 「実を言うと、阿呆を探していたのだ」
  • 「時の歩みは人によって違う」
  • 「眼の力」
  • 「男と女」
  • 「賢者と偶者」

ヴェニスの商人

  • 「幸せを食べ飽きないように」
  • 「まだまだ、これから」
  • 「一番親しい友人」
  • 「まるで、持っているかのようなふり」
  • 「地獄落ちは確か」
  • 「満ち足りた心」
  • 「人間と動物」
  • 「ぼくは楽しい、悲しくないからね」
  • 「この世は、舞台」
  • 「この世の、法則」
  • 「大衆心理」
  • 「考えすぎの阿呆」
  • 「楽しみ」
  • 「さりげなさの魅力」

オセロー

  • 「人間は獣」
  • 「運命と人間」
  • 「人間の生活」
  • 「思いやり深い人」
  • 「特効薬の効果」
  • 「命は束の間」
  • 「長所と短所」
  • 「口だけの人」
  • 「過ぎ去りし過去」
  • 「自分を盗むもの」
  • 「たったの小一時間」
  • 「俺たちの体が庭、意思が庭師」
  • 「理性と本能のバランス」
  • 「熱しやすきはなんとやら」
  • 「そういう女に会ってみたい」
  • 「嵐のあとの静けさ」
  • 「一番幸せな瞬間」

トロイラスとクレシダ

  • 「勇気の秘密」
  • 「短所のデメリット」
  • 「自意識が高い人間」
  • 「不安の目」
  • 「意欲は無限、実行は有限」
  • 「女は口説かれるうちが天使」
  • 「いろいろなタイプの役者たち」
  • 「電光石火」
  • 「時間が国王」
  • 「時間というもの」
  • 「世間の評判について」
  • 「考え方次第」

ロミオとジュリエット

  • 「ご勝手にどうぞ」
  • 「過ぎたるは及ばざるが如し」
  • 「見たきゃ見ろ」
  • 「他人の言葉は善意にとれよ」
  • 「空想の本質」
  • 「それがどうした」
  • 「恋の力」「自然と月」
  • 「幾重にもご機嫌よろしく」
  • 「センスの良いたとえ」
  • 「機嫌がいい一日」
  • 「生と死」
  • 「いずれ思い出話になる」
  • 「希望はいつでもある」
  • 「勇気を取り戻せ」
  • 「感情の涙」
  • 「音楽やさんの魔法」
  • 「破壊の悪魔」

ハムレット

  • 「四分の一が智慧で、あとの四分の三は卑怯者」
  • 「なすべきこと」
  • 「立派な人格の人」
  • 「肝心なのは覚悟」
  • 「己に忠実なれ」
  • 「なにを恐れる事があろう」
  • 「簡潔こそは智慧の心臓」
  • 「すべては考え方ひとつ」
  • 「相手の策略」
  • 「オープンマインド」
  • 「実行に移す気力」
  • 「口にいうには優しい」
  • 「この腑がいなさ」
  • 「大衆というもの」

ジュリアスシーザー

  • 「私という人」
  • 「無駄な人生」
  • 「あの男は本を読みすぎる」
  • 「悲しみのいく果て」
  • 「人間をものにする手段」
  • 「それも虫のせい」
  • 「いずれは死ぬ」

リチャード三世

  • 「手っ取り早くやってしまえ」
  • 「うわべの名声」
  • 「良心というやつ」
  • 「人慮と神慮」
  • 「相手に気づかれずに、上手に悪口を言う方法」
  • 「それでは、歩く能なしになりさがるばかり」
  • 「泡沫のごとき夢」

エドワード三世

  • 「そなたの言葉の燃える活力」
  • 「弁舌よりも、勝るもの」
  • 「おべっかを罪だと恐れてはならない」
  • 「太陽のような人物」
  • 「どんな悲しみも、その反対の幸福を語るもの」
  • 「美徳の蓄えとは、与えることによって増えるもの」
  • 「有言実行の難しさ」
  • 「命は、一旦失うと、取り戻せない」
  • 「数は問題ではない」
  • 「死ぬことは生きるのと同じように当たり前のこと」
  • 「私は命など少しも大切に思ってはいない」
  • 「恐怖にとりつかれた見下げた魂」
  • 「皆が不屈の精神に燃え立つように」

じゃじゃ馬ならし

  • 「やればわかる」
  • 「幸運を祈ります」
  • 「音楽はなんのためにあるのか」
  • 「夫というもの」
  • 「わたしたちの肌は、なぜ柔らかいのでしょう」

アントニーとクレオパトラ

  • 「こうして抱き合えるなら、もうそれだけでよい」
  • 「今宵は何をして過ごそうか」
  • 「生き生きした心の働き」
  • 「快楽の行く末」
  • 「オリーブを飾ろう」

ヘンリー四世

  • 「元はすべて一つの腹から生まれ出たもの」
  • 「毎日休みの弊害」
  • 「国家株式会社」「おれが、惚れた理由」
  • 「成すべきことは山ほどある」
  • 「名誉の本質」
  • 「人間の一生は短いのだ」

恋の骨折り損

  • 「生きている間にだれもが求めるもの」
  • 「時の鎌の刃」
  • 「私にとって、価値あるもの」
  • 「勉強する理由」
  • 「もっとも虚しいこと」
  • 「あなたは賢いがゆえに、全てが馬鹿に見える」
  • 「めちゃめちゃだから、面白い」

リチャード二世

  • 「比較の原理」
  • 「人間は、金粉をぬった粘土細工」
  • 「時間が長い」
  • 「恥にまみれて生きる」
  • 「おれは、けっして満足できない」

ジョン王

  • 「あの人の目の中の奇跡」
  • 「羊飼いにでもなれたらな」
  • 「お前の悪口の才能はよくわかった」
  • 「イギリス軍の退却と西日」
  • 「おれの五体の中には地獄がある」
  • 「この世は諸行無常」

終わり良ければすべてよし

  • 「おれがもし、二時間若かったなら」
  • 「わたしはもう、驚きません」
  • 「人間感情の矛盾」
  • 「人間の一生」
  • 「終わりこそつねに王冠です」

ペリクリーズ

  • 「死は鏡」
  • 「疑心暗鬼」
  • 「偉大な自然」
  • 「人間を生かすもすれば殺しもするもの」
  • 「運命のいたずら」
  • 「やさしさに包まれたなら」
  • 「本当の喜び」

シンベリン

  • 「人の性質は環境に左右される」
  • 「私のお見送りの仕方」
  • 「実はあの頃、私はまだ青臭い旅人にすぎなかった」
  • 「男はみんな狂っているのか」
  • 「そんな怖い顔をしないで」
  • 「金や銀など泥になってしまえばいい」
  • 「この花はこの世の楽しみのよう」

ヴェローナの二紳士

  • 「彼は名誉を追い、おれは恋を求める」
  • 「ところがおまえは、賃金ほしさに主人についていく」
  • 「せがれの教育方法」
  • 「髪の毛より欠点が多い」

アテネのタイモン

  • 「生きている人間は、あるがままの姿を隠す」
  • 「友人について」
  • 「あの男の不満はとりのぞくすべもない」

間違いの喜劇

  • 「おれの本当の楽しみはこの手に入らない」
  • 「天がみそなわすもの」
  • 「それは我が身を傷つける嫉妬です」
  • 「あなたが目にして喜びとなるものはない」
  • 「時は破産者です」
  • 「人間だってけだものだって気が狂うでしょう」

から騒ぎ

  • 「おれはおのれを隠さぬ男だ、悩みがあれば顔に出る」
  • 「あれには暗いところがまったくない」
  • 「あの人には、誰かを愛するなんて無理」
  • 「人間とはおかしなものだ」
  • 「あれが死んでいた、理由」

タイタス・アンドロニカス

  • 「高潔の士には、感謝こそが名誉ある報酬」
  • 「ケンカのいいところは、仲直りができるところ」「宝のもち腐れ」
  • 「その最期こそそいつらに与えてしかるべき」
  • 「神々が人間の悲劇を楽しんでいる」
  • 「何万倍もの悪事をやってのけたい」

コレオレーナス

  • 「さあ、実行だ!」
  • 「おれたちの苦しみは連中の楽しみ」
  • 「あるとき、からだじゅの器官が胃袋に対して反乱を起こした」
  • 「あえて、第二位を狙う」
  • 「人生をあるがまま生きれば、もうそれで満足」
  • 「機会という奴は本人がいないと熱を失うもの」
  • 「人の世は、なんとうつろいやすい」
  • 「戦争は平和に勝る」
  • 「平和になると人間はおたがいを必要としなくなる」

ウィンザーの陽気な女房たち

  • 「御機嫌よう、ページさん」
  • 「三時間早すぎて待つ方がまし」
  • 「なにからなにまで、お気に召すまま」
  • 「ああ、いまこそ私は死んでもいい」
  • 「年三百ポンドの収入」
  • 「三という不思議な数字」
  • 「時は駆け足で、過ぎていく」

冬物語

  • 「この世にあるすべては、なんでもない」
  • 「十六歳から二十三歳」
  • 「今日は運のいい日だ」
  • 「私の名は、時間と申します」

ソロー

  • 「人間について」
  • 「働きづめの人間」
  • 「人間のもっとも優れた資質」
  • 「世間の評価は、気弱な暴君にすぎない」
  • 「暮らしの必需品」
  • 「人間の体にとって一番大切なこと」
  • 「世間体に左右されやすい人達」
  • 「貧乏暮らしを強いられている人達」
  • 「広告に踊らされている人達」
  • 「家畜のほうがずっと自由だ」
  • 「人間からもらった善」
  • 「遊ぶことが生きることに他ならない」
  • 「実在の姿」
  • 「人間同士の交際はあまりに安っぽすぎる」
  • 「人間が肉食動物であることは恥辱の一つ」
  • 「あらゆる人間は、建築師」
  • 「自然について」
  • 「多くの動物は多くの物を必要としない」
  • 「わたしの日課」
  • 「彼らにはむしろ覗きこんでもらいたい」
  • 「月と太陽の使い方」
  • 「家具のプリシンプル」
  • 「暮らしの中の些細な楽しみ」
  • 「すべての毛穴から喜びを吸い込んでいる」
  • 「健康であるために」
  • 「理屈ではない、天のみぞ知る」
  • 「人間的にいちだんと向上する」
  • 「自然界のおおいなる価値」
  • 「とにかく美しすぎる、ヒイラギの実」
  • 「自分が呼吸している空気にこそ酔いたい」
  • 「味覚を通して霊感を得る」
  • 「スズメバチの魅力」
  • 「太陽のちから」
  • 「全てはあなたの心の幻想」
  • 「考え方」
  • 「過去と未来が出会う場所」
  • 「まずは壁をはがし、生活もはがすべきだ」
  • 「文明は利用するもの」
  • 「だれもが知ったかぶりをする」
  • 「家を建てる楽しみをこの手に奪い返そう」
  • 「生きるためのテクニック」
  • 「一に経験、十に経験、経験こそすべて」
  • 「とにかく始めてしまえ」
  • 「この二年間で、次のことを学んだ」
  • 「ピラミッドは、ぐうの骨頂、でくのぼう」
  • 「わたしの頭の中」
  • 「大切なのは、プリシンプル」
  • 「なりゆきに任せよう」
  • 「書物の有効な読み方」
  • 「見るべきものをつねによく見る」
  • 「屋外という魔力」
  • 「まるでこの地球上で、ひとりきりな感覚」
  • 「人生という芝居」
  • 「孤独について」
  • 「そういうものを買うために働く必要はない」
  • 「世の母親たちに、警告しておこう」
  • 「動物の肉を避けた理由について」
  • 「動物食に対する人間の嫌悪感」
  • 「ブラックな企業に一言いわせてもらおう」
  • 「ほとばしる情熱」
  • 「あなたはあなた。わたしはわたし」
  • 「ものごとは、考え方しだい」
  • 「いますぐ生きる実験に取り組もう」
  • 「人生の価値が最低となる、老年期について」
  • 「私が森の生活を始めた本当の理由」
  • 「人生とはいえないような人生は避けるべき」
  • 「変哲もない暮らしこそ、楽しむべき」
  • 「資本主義の犠牲者」
  • 「物見遊山気分」
  • 「最大の利益と、最大の価値について」「あらゆる肉体的欲望について」
  • 「それが、進め!と、言っている」
  • 「いくら満喫したって、飽きることはない」
  • 「見るものから、情熱をいただこう」
  • 「冒しがたい、わたしの健康」
  • 「わたしは実験によって次のことを学んだ」
  • 「仕事について」
  • 「日雇い仕事の底力」
  • 「一心に働くことだ」
  • 「わたしがあれほど愛した森を去った理由」
  • 「あいまいさという、道具」
  • 「なぜ我々は、むきになって成功を急ぐのか」
  • 「自分がやろうとする、仕事について」
  • 「わたしがビジネスで、気に入っている点」
  • 「遊ぶ」
  • 「まったくの自由の身」
  • 「無為ということが、もっとも魅力的な仕事」
  • 「心置きなくさらに広く、さらに遠くへー」
  • 「冒険こそを求めよ」
  • 「釣りには野性味と冒険性がある」
  • 「釣りと狩りの共通点」
  • 「はじめはただの遊びでもかまわない」
  • 「生活に、広い余白を残しておきたい」
  • 「わたしの、なによりも楽しいこと」
  • 「われわれの人生について」
  • 「人体の大部分はいずれ灰になる」
  • 「家を手に入れたら、かえって貧しくなる」
  • 「人間は自分が作った、道具の道具になった」
  • 「人生のあの罠に、はまらないようにする」
  • 「我々は蟻のように惨めな生活を送っている」
  • 「なぜ我々はこうもせわしなく生きているのか」
  • 「わたしの家には三つ、椅子がある」
  • 「友達がふるいにかけられた理由」
  • 「自分の生活を罵倒したりしてはいけない」
  • 「たった一度のやさしい雨」

ニーチェ

「怒りよりも、笑い」 「無邪気」 「自分が正しいと主張するより、不正を受け取っておくほうが高貴である」 「金は、いつも自分自身を贈り与えている」 「最高の徳について」 「もっと自己をよろこばせよう」 「目的より、偶然を選ぼう」 「幸福の条件」 「「善い」と「悪い」」 「人間は容易に発見されない。だが、次のようにいう者は、自分自身を発見したものと言える。」 「わたしが尊重するもの」 「呪われた者」 「踊ることを学ばなければならない」 「これが、わたしの道なのだ、あなた方の道は、どこにあるのか?」 「強制、規定、必要、結果、目的、意志、善悪がある意味」 「わたしがそうあることを意志したのだ!これが救済である」 「克服にはいろいろな道と方法がある」 「自分自身に命令することのできない者」 「かれらはどんなものであっても、無償で手に入れようとはしない」 「永遠回帰」 「「否」と「然り」」 「すべての重いものが軽くなること」 「多くのことを中途半端に知るくらいなら、何もしらないほうがましだ」 「実行するものだけが学ぶことができる」 「幸福になるには、なんとわずかなものしか要らないことか」 「賭博と嘲笑」 「あなたがた自身がいわば失敗の作品だとしても、それがなんだろう」 「あなたがた自身を当然のこととして嘲笑するように学んだらいい」 「なんと多くの可能なことがまだあることか!」 「あなたがたの心を高らかにあげよ、あなたがた、良き舞踏者よ」 「永遠回帰」 「コマーシャル」 「かれらにむかって、もはや腕をあげることをやめなさい」 「ルサンチマン」 「偶然という巨人」 「もろもろの価値の名称、それらは武器であるべきなのだ」 「大胆にあなたがた自身を信じること」 「すべての虚栄的な人間が、良き俳優であるのを発見した」 「かれらの耳に快くひびく嘘をつけば、かれらは嘘でも信じる」 「おまえはおまえの偉大をなしとげる道を行く」 「偶然をとめてはならない」 「倒れるものを、さらに突け!」 「もっと早く落ちる必要性」 「踊りを一度も踊らなかった日」 「よろこびは自己自身を欲する」 「万物は鎖で、深く深くつながっている」「あなたがたはこの世を愛したのだ」 「すべてのよろこびは、永遠を欲する」 「喜びが欲しないものが、この世にあるだろうか」 「喜びはすべての事物の永遠を欲してやまない」 「一度くらいは負けてもよかろうじゃないか?」 「人間から見れば、猿はなんだろう?」 「いまもなお人間は、いかなる猿よりも猿である」 「我欲は、盗人の目で、すべての光るものを見る」 「人間とは試み」 「人間は平等ではない!」 「多くの人は、マスメディアに動かされている」 「望みは、誰からも苦痛を与えられないということ」 「いつかは与えられる、いや、ますます奪われるだろう」 「自分自身を愛そう」 「あらゆる人間は、いたわれ、同情されたがっている」 「自分を愛することを学ぶということ」 「いいなりになる者は、自分自身の本心に耳を傾けない!」 「不倫の方が、いつわっている結婚よりはましだ」 「何よりもまず、自分がいたわられることを望んでいる者たち」 「あなたがたはたんなる、踏まれる橋なのだ」 「破滅すればするほど、成長する」 「あなたがたの悩みはまだ十分ではない」 「もっと、高く登ろうと思うのなら」 「友情よりは、敵意こそ」 「わたしが愛するのは、その魂が気前よくできている者だ」 「没落を欲している者」 「自分の約束よりもつねにより多くを果たす者」 「小さな体験でも破滅することのできる者」 「ツァラトゥストラが心誘われるもの」 「女にとっては、目的はつねに子供なのだ」 「どんなに甘い女性でも、やはり苦いものだ」 「太陽の愛」 「本当に価値のあるもの」 「地上には多くのみごとな産物がある」 「言葉があり、そのひびきがあるということは、なんといいことだろう」 「わたしは手だけで書きはしない」 「虚栄心なしに」 「わたしは、目まぐるしく変わっていく」 「人類はまだ目標をもっていない」 「意思の馬具を外してしまえ!」 「どこから来たかではなくて、どこへ行くのか」 「わたしはなぜ、幸福を追い求めているのだろうか?」 「最も有害な人間ですら、最も有益な人間であるかもしれない」 「彼はいま貧乏だ。それがなんであろう」 「良心の疚しさ」 「お笑いぐさ」「多くの人は、自分がどんなに富んでいるのかを知らない」 「われわれのすること」 「肉体よ、お前はふるえているのか」 「偉大なる天体よ」 「自分の貯えた知恵がわずらわしくなってきた」 「わたしも、あなたのように没落しなければならない」 「あなたのもっている偉大なもの」 「女性たちよ、男性のなかの子供を発見してごらん!」 「恒常不変の善と悪、そんなものは存在しない!」 「最高の善悪には、最高の悪意が必要である」 「すべての「そうあった」を、「私がそのように欲した」につくりかえること」 「意志が、鎖でつながれているもの」 「万物は過ぎ去る」 「自分自身を踏み登ること」 「たえず自分をいたわるものは、病弱となる」 「多くのものを見るための、方法について」 「勇気にまさる殺し屋はいない」 「勇気の効用」 「善悪の彼岸」 「意志することは、創造すること」 「気前の良さ」 「肉体よりもあなたの魂の方が、早く死ぬだろう」 「精神の三段の変化について語ろう」 「幼な子は無垢であり、忘却であり、ひとつの新しいはじまりである」 「血が精神だということを経験するだろう」 「すべての悲劇と悲劇的厳粛を笑う」 「あなたはひとつの新しい力であるだろうか」 「自身がまず灰となるのでなければ、どうしてあなたは新しいものとなることを望めよう」 「ちっぽけな考えを抱くよりは、悪を行うが勝る」 「雪のつめたさがあたえるあの恍惚感」 「あなたがたの欲望には、無邪気さが欠けている」 「濃い黄色と強烈な赤」 「どちらも肉と血に敵意を抱いている」 「この世の眺めの素晴らしさ」 「英雄的にさせるのは何か?」

モンテーニュ

「中庸のすばらしさ」 9   「人間の身におこることがらは不確か」 10   「運命」 11   「人生の幸福というもの」 12   「商売の仕組み」 13   「世の中には愚かさのきわみといえるようなことがたくさんある」 14 「名声について」 15   「女の香り」 16   「己が境遇に腹をたてること」 17   「サイコロの結果」 18   「どう生きるかについて、なんの心得もなく、考えもない人々」 19   「世間の人々である、わたしたち」 20   「人生が過ぎてしまってから、学ぶこと」 21   「あなたは自分の心を苦しめるのを、いつまで続けるのか」 22   「他人ではなく、自分自身の恵まれている点」 23   「わが身は、やっぱり一番かわいい」 24   「平凡なことを、大切に感じるテクニック」 25   「人間は、さまざまである」 26   「普通の死に方」 27   「老衰で死ぬなどは、めったにない異常ともいえる死に方」 28   「老衰という特権」 29   「自分が達している年齢そのものを考える」 30   「もっと先まで行こうなんて期待すべきではない」 31   「二十歳がひとつのものさし」 32   「時間を上手に使う人」 33   「われわれの生命は、はかないものだからこそ」 34   「残りの人生を、ただ気持ちよく過ごしたい」 35   「私が読書に求めるもの」 36   「私の読書法」 37   「新しい本と古い本、どちらが好きと聞かれれば」 38   「私がおすすめする作家」 39   「私は極端に物覚えがわるい」 40   「いかにも望ましい満足感につつまれている人間を思い描いてみよう」 41   「もっとおおざっぱに、気軽に行動しよう」 42   「われわれはつねに、生きることを再開している」 43   「命を失うこと」 44   「自己を描くこと」 45   「悲しみという、感情が嫌い」 46   「邪悪な心」 47   「心からうれしくなること」 48   「他人の称賛」 49   「自分の行為を広げるのは、私自身」 50   「後悔について」 51   「事実はそのようになるのが当然だった」 52   「健康であるすばらしさ」 53   「もう一度生まれ変わるとしたら」 54   「老いについて」 55   「同一のことがらに対する、解釈」 56   「アリストテレス流にいえば」 57   「失敗があるからこそ、学べること」 58   「自分の人生とカサエルの人生の違い」 59   「一つのとても豊かな考え」 60   「プラトンの巧妙なお話」 61   「強力な耳が必要」 62   「よい医者について」 63   「習慣の力を、うまく利用しよう」 64   「生活のルールに、揺さぶりをかけよう」 65   「若い人は、ときには羽目をはずしてみるのがいい」 66   「もう、いまさら教育されてどうのこうのという年齢ではない」 67   「ぐいぐいと、もっと自分を広げていこう」 68   「生きるために、生活することをやめなくてはいけない」 69   「どうせ間違うかもしれないのだから、快楽こそを追いかけてみたい70   「自分に多くの喜びを与えてくれたような行為」 71   「活力のすばらしさ」 72   「医者の意見を鵜呑みにするな」 73   「快楽を求めよう」 74   「だれにでも、起きうる不幸」 75   「死」 76   「避けられないことに対する、対処法」 77   「想像力で、苦痛やもめごとから解放してあげよう」 78   「想像力をうまく使う、実例」 7 「がんなどの大病」 80   「生きているからこそ、死ぬんだよ」 81   「快適な生活と、耐え難い生活とを、一日の中でちゃんと示してくれ る」 82   「病気と健康」 83   「また別の逃げ道をこしらえてやればいいではないか」 84   「生きているということは、どういうこと?」 85   「掻くという、甘美なしあわせについて」 86   「自然に従うという、すばらしさ」 87   「わたしには、二十五歳と三十五歳のときという、二枚の肖像画があ る」 88   「手近なチャンスをしっかりとつかもう」 89   「わたしの健康の秘訣」 90   「わたしは踊るときは踊るし、眠るときは眠る」 91   「わたしが、心おどる日常風景」 92   「節制は、快楽の薬味である」 93   「苦痛と快楽について」 94   「人生を、だれよりも享受する」 95   「人生の持ち分が短くなれば、それに応じてできること」 96   「われわれに生を授けてくださった方に、深く感謝する」 97   「人々は、快楽にたいしても無頓着であるが、私の場合は」 98   「どのような満足についても、うわべだけをかすめとるようなことはし ない」 99   「快楽を感覚にだけ味わわせておくことなど、もったいない」 100   「希望の奴隷になりさがった人々」 101   「人生を、そして欲求を愛する」 102   「自然という、偉大にして、全能の贈与者」 103   「神がわれわれにしてくださった贈り物」 104   「ぼくたちは走りながら、うんこをしなくちゃいけない」 105   「人間であることから逃げ出したい」 106   「もっともすばらしい生活とは」 107   「わたしが手にしている幸福」 108   「行動している真っ最中に、死にたい」 109   「わたし自身が、わたしの本の題材なのだ」 110