熟睡できない。夜中に目が覚める。数値とグラフで管理する【PS-600】【買ってよかった】

1.40歳を超える頃から眠れない。眠りが浅い。

  • そう言えば父親も「眠れない」と言って悩んでいた。
  • 父親は自分勝手。単細胞動物のように欲望のままに動く。
  • 健康管理をしろと言っても聞くような男ではない。
  • 運動不足と昼寝が原因だろう。

2.これは遺伝だろうかと考えたりもした。

  • 何もせずに諦めるのは悔しい。諦めたら父親と何も変わらない。
  • ジタバタしてみよう。

PS-600 Amazon / 楽天 / 価格コム
B01AUCG1AA
Pulsense 2ch / Yahoo / Google / Youtube

3.夜中に起きる時は、たいてい胸がドキドキしている。

  • 手首で脈をとると、明らかに1分間に60回をオーバーする早さ。
  • 90~120回くらいの雰囲気。これはおかしいだろ。

4.コーヒーをやめた飲酒をやめた昼寝をやめた

  • なんとなく夜中に目覚める回数が減ったような気がする。
  • 睡眠の質が上がるとまた飲んでしまう。
  • 便通改善には朝のコーヒーが効くし、お酒は楽しい。
  • でも2016年3月、コーヒーとアルコールは断つことにした。

5.心拍数を測りだした。

  • 心拍計のPS-600を購入。睡眠の質が心拍数である程度分かる。
  • 2時に眠りが浅くなる傾向はあるが、起きることはない。
  • 脈は60回/分を下回り、安定している。
  • 何の問題もない。ひと安心。
  • 毎にち続けていきたい。強迫観念で縛られないように適当にサボりつつ。

6.安静時脈拍。

  • 夜中のドキドキも気になるが、昼間の動悸も不安だった。
  • 昼食後など明らかにのぼせたような感じで、脈が早く、苦しい。
  • 脈を取るとやはり60回/分を超えている。
  • 気になるけど、具体性がないから余計に不安。
  • こうして安静時脈拍も把握できて、心配が減った。

7.常に心拍数が分かる。

  • 心拍数が分かれば傾向が把握できる。
  • 傾向が分かれば対策ができる。
  • 意識的に運動するようになった。
  • ほぼ安定させることができるようになった。

8.食事と心拍数。

  • 遅い夕食や間食は夜中の心拍数を上げる。
  • 心拍数が高いと眠りが浅い。
  • 夜中に目覚めても、朝起きても、胃になにか残っているような感じ。
  • 消化するために心拍数を上げているようだ。
  • 18時までに夕食を終えるようにした。
  • そもそも食事の量も気にすることにした。
  • 満腹は消化不良につながり、眠れない原因のひとつだと分かった。

9.色々なことが判明して、安心に繋がる。

  • 心拍計のPS-600を買ってよかったと思う。

10.それでも眠れないときは・・・