イギリス人は貯金をしない。生活保護を受けるから

この文章だけ見ると、イギリスのほうが優れたシステムだと感じる。

イギリス人の大半は、自分から生活保護を申請

島崎さん日く、英国で一番良い老後は、やたらと貯金を持っていないことが前提。所持金が200万円以下になっても国から生活保護を受けて生活できるからだそうです。「生活の苦しいイギリス人の大半は、老後になるとためらいなく自分から生活保護を申請します。家や車を持っていても問題なく、市民税などの税金支払いも免除されます。家族がいなくて、全部白分の持ち金を使ってしまった人でも生活保護を受け、いよいよとなれば無料で老人ホームに入ることもできるのです」

貯金がたくさんあれば、年問170万円から350万円くらいの入居費用を支払わなければなりません。サービスは生活保護受給者となんら変わらないのに、です。「私は日本人ですから見栄とプライドがあるし、投資もしているので、元気な限り生活保護は受けたくありませんが」

生活保護は権利意識の強いイギリスで老後を生きる選択肢のーつなのです。

なぜイギリス人は貯金500万円で幸せに暮らせるのか?
B01M28W9I3

預金が多いと自己負担

イギリスでは独居高齢者のもとへ、ソーシャルサービスが家庭訪問して、どのようなサボートが必要かチェックしたのち、必要度合いに応じてヘルパーや看護師が定期的に訪問するというシステムがあります。高価な看護用ベッド、車椅子の貸し出しも含め、費用はすべて国が負担してくれます。そして、いよいよ生活できなくなり、フルタイムの介護が必要になっても、預金、年金が約300万円以下〈自宅の資産価値は除く)なら、すべてのサーピスは無料、ただし、預金が500万円以上あれば、全費用は自己負担となります。

関連ニュース
  • 2019年03月10日 西成や山谷のホテルはなぜ安いのか?外国のドミトリーに似た、多人数で共有する形式。生活保護で認められる家賃が月4万円程度