モロッコ 17歳の少女を2カ月にわたってレイプ・拷問・入れ墨まで

2018年08月28日

加害者に入れ墨を彫られ…… 集団レイプ・拷問で12人逮捕 モロッコ

モロッコの警察当局はこのほど、17歳の少女を2カ月にわたってレイプ・拷問したとして、未成年者を含む12人の男を逮捕した。

被害者のハディージャ・オッカロウ(Khadija Okkarou)さん

被害者のハディージャ・オッカロウ(Khadija Okkarou)さんは先週、テレビのインタビューに答え、6月に集団に拉致された様子を話した。

「絶対に許さない。あの人たちにめちゃくちゃにされた」

モロッコの人々に激しい怒りを引き起こした

この事件はモロッコの人々に激しい怒りを引き起こし、インターネットでは犯人を裁きにかけるよう呼びかける運動に発展した。

逮捕されたのは18~27歳の男たち。主犯格の容疑者は20歳

裁判官が指揮する審議が現在、モロッコ中部ベニメラルで行われている。当局者がAFP通信に語ったところによると、逮捕されたのは18~27歳の男たち。

主犯格の容疑者(20)は、強姦、拷問、誘拐、殺害の脅迫、徒党を組んだことの罪に問われることとなる。残りの容疑者も同様の罪で起訴される可能性がある。

体の傷やたばこを押し付けられてできたやけどの痕、入れ墨

オッカロウさんは先週、モロッコのテレビ局「ショウフTV」に出演。体の傷やたばこを押し付けられてできたやけどの痕、入れ墨を見せ、監禁されていた間に犯人たちに付けられたと話した。

「何度か逃げようとしたが、捕まって殴られた。拷問され、食べ物も飲み物も与えられず、シャワーを浴びることすら許されなかった」

ハッシュタグ「#JusticePourKhadija(ハディージャに正義を)」

このテレビ・インタビューを受け、オッカロウさんを助けようと呼びかけるオンライン署名に数千人が参加し、ハッシュタグ「#JusticePourKhadija(ハディージャに正義を)」が広まった。

しかし反動もあった。容疑者の親類が、オッカロウさんがモロッコのメディアにうそをついていると主張し、ハディージャさんが「堕落」した生活を送っていると非難した。

非常に保守的な社会のモロッコでは、多くの女性が暴力被害を受けていると、複数の人権保護団体が指摘している。

モロッコ人女性の20%以上は、一生のうちに少なくとも一度は性的虐待を受ける

モロッコ人権委員会の2015年の報告によると、モロッコ人女性の20%以上は、一生のうちに少なくとも一度は性的虐待を受けるという。

被害者と結婚すれば訴追を免れられるという法律が存在した

モロッコ議会は2014年、未成年の少女がレイプされた場合、加害者が被害者と結婚すれば訴追を免れられるという法律の条項を改定している。

関連画像






関連ツイート

関連動画

Viols, torture, séquestration, tatouages de swastika: le calvaire de Khadija choque le Maroc