日本最古の若宮八幡宮 川上山若宮八幡宮

若宮八幡宮(わかみやはちまんぐう)

という名前の神社は日本全国にあり、若宮八幡神社(わかみやはちまんじんじゃ)や若宮八幡社(わかみやはちまんしゃ)、若宮八幡宮社(わかみやはちまんぐうしゃ)と称する神社もある。

社名の通り「八幡宮の若宮」という意味で、多くは宇佐神宮・石清水八幡宮・鶴岡八幡宮などにある若宮を勧請し、八幡神・応神天皇の御子神である仁徳天皇(大鷦鷯尊)を祀るものである。他に「八幡宮本宮から迎えた新宮」の意味の「若宮」もあり、この場合は応神天皇が祀られている。

源氏、ひいては後の武家全体の守護神たる八幡宮から分祀され、日本各地に存在する。

川上山若宮八幡宮

日本最古の若宮八幡宮らしい。

ログ速 / mimizun / Twitter / Google / Youtube

B00992CF6W

奈良県が日本の歴史の出発点

鎌倉時代に神奈川県に移転するまで、奈良県が日本の中心地です。

日本の歴史の出発点です。

旧石器時代
縄文時代
弥生時代
古墳時代
飛鳥時代
奈良時代
平安時代

B01IQTL1JA