最後の働き方改革。「行き過ぎた客の要求」を今後も容認するのか?

突然始まった「働き方改革」

ブラック企業対策は進んでいるように見える。

ただ日本独自の風習、習慣が残っている

理不尽なクレーマーへの対応だ。

「お客様は神様です」という三波春夫の言葉を逆手に取る一部の客

難癖をつけて屈服させようとする。

無理な要求を突きつける。

大幅な値引きだったり、金品の要求だったり。

人の中には明らかなクズが存在する

100人居れば1人はクズだ。

野放しにしておけば要求は続く。

エスカレートする。

外資系の支配人のクレーム対応

この事例のように、毅然とした対応が必要な場合がある。

日本では依然として隷属を求める文化がある

「空気を読む」「コミュ力」はその代表だろう。

「世渡り上手」というのも相手に気に入られるために媚を売る行為。