リーマンショックの時に、米ドルがアメロになる、中国の時代が来る、などという話を真に受けて失敗したよ


信じるも信じないも あなた次第

リーマンショックの時に、米ドルがアメロになる、中国の時代が来る、などという話を真に受けて失敗したよ。

全力で米国株に投資できなかった原因


リーマンショックの時にアメリカが(広くは西欧文明が)衰退するという記事が多く出回りました。

アメロ、文明800年周期説など。

アメリカの株価は常に右肩上がり

アメリカの株価が右肩上がりなのは、株価の長期チャートを見て知っていました。

日本や先進国には数十年周期の成長期と衰退期がある

2020年01月04日の記事です。

コレを読んで当時の、そして現在の私の後悔が蘇ってきましたw

投資姿勢を変えるのは極めて難しい!?

2010年:投資家たちは、マーケットが更に大幅下落となる可能性を過小評価している。
2011年:株式市場から期待できる利益は大きく下がった。
2012年:今日のマーケットで投資対象になる銘柄数は史上最低だ。
2013年:株から見込める利益は極めて少ない。
2014年:株は割高、買われ過ぎ、投資家たちは楽観的すぎる。
2015年:保有している株を全て売れ。
2016年:極端な現状を考慮すると、株式市場は40から50%の下落となることが予想される。
2017年:現在のマーケットは、史上見たことのない割高なレベルに達している。
2018年:音楽は小さくなり、罠が仕掛けられているのに、人々はまだ踊っている。
2019年:マーケットは50から65%の下落となる。これは楽観的な意見だ。