もしかしたら無期限活動休止中のGACKTの後遺症もこれに近いのかも

GACKT「コロナは風邪」

超思考術
B092VCXS1F

19歳の男性は起き上がることも困難な後遺症

19歳の男性。 「ふらふらで壁伝いにようやく歩けるか歩けないかみたいな感じ」 医師 「本とか読めます?」 男性 「本は、前に一瞬小説を読もうとしたんですけど全然だめで」 感染時は軽症でしたが、今は1日数回トイレに行く以外、ほぼ寝たきりの状態で、味覚障害などの症状もあるといいます。  「食事も1口ずつにしたものをベッドにのせて、一応自分で食べてるんですけど」 高校ではスポーツ系の部活動にも所属し、基礎疾患はないという男性。大学受験を控えていますが、勉強もできない状態になっています。 感染後、快方に向かっていたにもかかわらず、体調が悪化したきっかけがあったといいます。  「体力がすごく落ちてしまい、療養後散歩に出てしまったんですけれど、反動がきて、ガタンと症状が悪くなってしまって」 けん怠感がある時、無理に体を動かすと症状が悪化するケースもあり、周囲の理解が必要だと平畑医師はいいます。

“後遺症”患者が増加 感染時は軽症でも…

20代女性は1階のトイレには下りられなくてポータブルトイレ

20代女性「1階のトイレには下りられなくてポータブルトイレを使っています。両方のひじから下がだるくなって力が入らなくなって」

60代の男性は嗅覚障害や脱毛

去年感染し、嗅覚障害や脱毛に悩む60代の男性。

ワクチンを打った人の後遺症がどうなのか知りたい

逆にワクチンを打った人がブレークスルーで感染したあと、後遺症がどうなのか知りたい。もし誰も後遺症が残っていないとなれば、ワクチンを打つ価値はある。

ワクチン非接種の場合5~6割、接種者だとほぼ半分程度に減る

新型コロナ感染後に何らかの後遺症が出る人が、ワクチン非接種の場合およそ5~6割と言われ、長期的に後遺症が残り続ける人が1割。これがワクチン接種者だと後遺症の残る確率がほぼ半分程度に減るようです。

知り合いは家事も出来ないらしい

知り合いが似た状態で、一度、発作の様なものが起きてる状態の時を見たけれど、本当に辛そうで、病院行った方がって思ったけど、少し無理をすると、その状態になるらしく、家事も出来ないらしい。

胸が苦しい、体が痛い、だるい、息切れ

ずっと胸が苦しくて、体が痛みもあり、だるく、息切れが続いていた友人が病院にかかったら、コロナの抗体があったそうです。半年ほど続いています。気づかないうちにコロナにかかり、後遺症になっています。それにしても後遺症が長すぎです。不調があればやはり早めに検査をして薬を出すなりしないと労働にも支障をきたすなと思います。

GACKTも・・・

もしかしたら無期限活動休止中のGACKTの病状もこれに近いのかもね。