世渡り上手は幸せな生き方か?【後悔】の無い人生


後悔

世渡り上手は幸せな生き方か考えてみた

処世術とは自分を捨てること。

結局、自分を捨てて相手に合わせて生活すること

死ぬ直前に後悔しそう

世渡り上手な人に共通する20の特徴
  1. 甘え上手・・・自分でなんでもできてしまうと、近寄りがたいイメージをもたれることもあります。本能的にわかっている世渡り上手な人は、人を頼ったり、甘えたりすることが上手なため、困ったときに周囲の人に助けてもらいやすいと言えるでしょう。
  2. ほめ上手・・・ほめられて嫌な気持ちになる人は少ないです。世渡り上手の場合、心から思っていないおべっかやお世辞ではなく、相手の仕事ぶりや持ち物など、気づいたときにさりげなくほめることができます。
  3. 相手の気持ちになって考える・・・自分の気持ちばかりを優先するのではなく、「相手はどう考えているか」「どうしたら相手が喜んでくれるか」を基準に行動します。
  4. いつも笑顔を絶やさない・・・基本的に明るく、いつも笑顔を絶やしません。負のオーラを出すことも少ないため、一緒にいて楽しい人です。
  5. 面倒見が良い・・・人間関係を大切にする人が多く、困っている人にはできる限り手を貸します。時には、飲み会で酔いつぶれてしまった人を介抱することも。
  6. 相談にのる・・・友人や後輩などからの相談に親身になります。アドバイスもしますが、まずはじっくり話を聞くというスタンスのことが多いようです。
  7. 年上に好かれる・・・学校や職場では、先輩や上司など年上の人に好かれることで人間関係がスムーズにいくことが多いです。愛嬌があることで可愛がられたり、相手の役に立つ情報を提供したりして、年上の人との関係を築きます。
  8. 話題が豊富&情報通・・・情報収集に力を注ぎ、政治や経済、スポーツ、芸能など、話題が豊富な人が多いです。また、仲間内の人間関係などについても情報通ですが、自分のことは上手にはぐらかします。
  9. 聞き上手・・・世渡り上手はとにかく、人から話を聞き出すのが上手。話を聞いてもらって嫌な気持ちになる人はほとんどいません。適度に相槌を打ちながら、どんな話題にも真剣に耳を傾けます。
  10. 話し上手・・・聞き上手である一方、会話が途切れたときなどには、自分から話題を提供します。そのため、話が盛り上がって、一緒にいて楽しいという印象をもたれやすいです。
  11. 盛り上げ役・・・飲み会などの場では、積極的に盛り上げ役を引き受けます。一発芸を持っていたり、ちょっと恥ずかしい出し物なども全力でやるところがポイントです。
  12. 約束を守る・・・どんな約束でもきちんと守るのは、簡単なようで意外と難しいことです。世渡り上手の人は、約束の時間に遅れたり、期日を破ったりすることがありません。口が堅いことも多く、周りから信頼を得られます。
  13. 連絡がまめ・・・相手から連絡があった際のレスポンスが早いことに加えて、自分からもまめに連絡を取ります。久しぶりの友人を飲みに誘ったり、会社でミスをした後輩を慰めたりと、メールやLINEなどを使って積極的にコミュニケーションを取ることが特徴です。
  14. 人の悪口を言わない・・・人間関係に及ぼす悪影響について理解しているため、不満や愚痴などをめったに口に出しません。知り合いの悪口に同調することも少ないです。
  15. マナーを守る・・・社会的なマナーをきちんと守ることに加えて、レストランでのテーブルマナーや冠婚葬祭のルールなどについてもそつなくこなすことができます。
  16. 手の抜きどころをわかっている・・・世渡り上手は決してなんでもできるスーパーマンではありません。無理をしないで、手を抜いてよいところを見極めるのが上手なのです。
  17. 空気を読むのがうまい・・・まめに連絡を取るなど情報収集を欠かさないため、周りの空気を読むことに長けています。誰にどのように対応すべきかを、すぐに判断できることが強みです。
  18. 面倒ごとを察知する・・・仕事上のトラブルや人間関係のもつれなど、面倒なトラブルを事前に察知して、できるかぎり回避する傾向にあります。
  19. オンとオフの切り替えが上手・・・世渡り上手な人は、仕事とプライベートの切り替えが上手です。仕事のミスやトラブルを家庭に持ち込まないと同時に、休日も趣味の時間などで充実させています。
  20. 要領がよい・・・やるべきことの優先順位づけがうまく、てきぱきと仕事を行うことができます。何に時間をかけるべきかわかっていると言えるでしょう。