中国 秘密警察

何故わざわざ逮捕されに帰るのかと思ったら、強制されていた

China Secret Police Stations



関連ニュース 中国 秘密警察

Twitter / Google / Youtube / 5ch / mimizun / togetter
リアルタイム / Google トレンド / Yahoo!ニュース

  • 中国・習近平のフランス訪問の意義とは 「もしトラ」に備え各国が熾烈な外交合戦を展開
  • 【米中代理戦争の最前線】ソロモン諸島の首相選挙は親中派に軍配 政界にチャイナマネー浸透、庶民は不信感募らす
  • ネズミも虫も食え?中国・習近平の新スローガン「大食物観点」に透ける飢饉への恐怖、世界から孤立で現実味
  • 【解説】欧州で相次ぐ中国スパイ事件 厳格に管理された中国諜報活動の実態と日本に求められる施策とは
  • 【現地ルポ】ソロモン諸島が脱中国へ旋回、総選挙で何が起きたか 反中派の知事復帰がほぼ確実に
  • プーチンの友、シュレーダーの孤独な誕生日
  • 中国「秘密警察」が日本人にも接触。日本のカルト教団なども監視か
  • 中国警察が表玄関からNATO浸透の第一歩。ハンガリーが中国の警察官招き入れ
  • カナダに亡命“民主化の女神” 周庭氏がYouTube再開も怯える日々…「中国の秘密警察が動き出すかと心配。身の安全が不安」
  • 《警視庁公安部外事二課が詐欺で書類送検》自民閣僚候補と中国人美女の親密写真【全文公開】
  • 自民党参院議員“元秘書”の「中国人美女」がついに書類送検 捜査のウラにあった中国「秘密警察拠点」と重要法案の存在
  • 【週末映画コラム】もしこの映画がアカデミー賞の作品賞を得たら…『哀れなるものたち』/孤独なタクシー運転手と難民の少年の交流を描いた『白日青春 生きてこそ』
  • 中国で奪われた“自由” 故郷捨て外国に逃れる若者が増加 一方で残る決断も…「自由の代償は監獄行き」
  • 亡命宣言!周庭さんが語る空白の3年「『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』で何度も泣きました」
  • 香港区議選の過去最低投票率 「全世界に民主派の抵抗を示した」辛坊治郎が解説
  • 〝民主の女神〟周庭さん、香港には「恐らく一生戻らない」…決断に至る心境は 精神の病に苦しみ、オンラインインタビューで日本旅行の希望も
  • 天安門事件から34年 水面下で市民“締め付け” 拘束から逃れた男性「彼らは海外でも手を出す」
  • 抗議集会の参加者を監視か、中国「秘密警察」の実態を取材 “拠点”は日本にも…記者が直撃
  • 中国の「秘密警察署」 人権団体“G7が対応策を話し合うべき”
  • 亡命の反体制派「脅迫状を…」 世界各地に中国の“秘密警察”…レストランも拠点?
  • 海外拠点の中国「秘密警察」、日本含め世界で何箇所?── NYで初の逮捕者
  • 中国秘密警察30カ国に展開 マンチェスター総領事館の暴力事件は習近平「戦狼外交」の近未来だ
  • 10年前の3月18日、カイロで発信された震災後の日本へ激励のエール/日本人が見ていない「アラブの春」
  • バイデン大統領のサウジの〝ムハンマド皇太子外し〟はどこまで進むのか?
  • 香港の抗議デモに参加した少女は中国本土の取調施設で手錠をされ、囚人ベストを着せられていた
  • 中国公安は毛沢東の「人民民主専制」を引用し「祖国の裏切り者はクソよりひどい扱いを受ける」と言い放った
  • 習近平の国賓招待「中止」を明言しない安倍政権に求めることは 香港を脱出した羅冠聡氏を直撃した
  • 「自由は当たり前のものではない」抑圧された国から「気球」で脱出した男性が語った本音
  • 「本当に怖い。これから何が起きるか分からない」“民主の女神”アグネスさんが香港国家安全法の恐怖を語る
  • 安倍首相に香港を守る覚悟はあるか「香港の一国二制度を引き裂いた方法を見ると台湾にも希望はない」
  • 中国と中東(1)
  • メルケル4選も、反イスラム極右政党が94議席 政権運営と対EU政策混迷【イチから分かるドイツ総選挙】
  • イラン核協議 イランと米国の「歴史的」な合意
  • 主な新興国/米国経済ニュース(15日)

「五毛は受刑囚だった」10万ポイント稼げば半年刑期短縮か=中国